ステップA4. ガラスカッターの持ち方

 《1》 オイルカッターについて
 ガラスカッターと言えば、昔はダイヤモンドでした。ですが、今はほとんどがオイルカッター(別名ホィールカッター)です。 鋼製の小さな車輪(ホィール)が先端に付いていて、これを力を加えながら転がしてガラスに傷を付けるものです。 この時、先端に潤滑油を付けますので、オイルカッターといいます。
 写真は、オイルカッターの種類です。左が最も安価なフレッチャー社のもので、ビンなどに入れたオイルを先端に 付けながら使います。中央の2本はオイル自給式です。万年質のように柄のボトル部分にオイルを入れておくと、 先端から少しずつしみ出てきます。 価格は2,000円前後です。右は、専用のカッティングオイルとスポイトです。
オイルカッター
 《2》 オイルの入れ方
 初心者もプロも、オイル自給式のカッターを使うことが多いです。 オイルは灯油でも代用できますが、専用オイルの方がべとつかず、揮発も早く使いやすいです。
 まず先端の栓を外し、スポイトでオイルを柄のボトル部分に少し入し、栓をして作業します。
オイルの供給
 《3》 オイルカッターの持ち方(男性)
 持ち方に特にルールはありませんが、男性など、握力の強い人は、人差し指と中指の間に柄を挟んで持つ場合が多いです。 このとき、左手の人差し指を、暴走防止のためにカッター先端に添えます。左手の残りの指は、板ガラスを押さえます。
 カッターは垂直ではなく、15度くらいに傾けると良いです。左利きの人は、上記の逆で持ってください。
持ち方・男性1 持ち方・男性2

 (49秒)

 《4》 オイルカッターの持ち方(女性)
 女性は一般的に握力が弱いので、握ってもかまいません。このとき、左手の人差し指を、暴走防止のためにカッター先端に添えます。
持ち方・女性1 持ち方・女性2

 (35秒)

前へ 次へ

■写真はクリックすると拡大表示されます■