ステップB5. ガラスカット

 《1》 スコアを入れる場所
 ≪十両≫コースはじめ、ほとんどのコースでは、ガラスカッターのスコア(キズ)を入れる場所は、 ケガキ線上ではなく、わずかに内側でした。 ですは、このコースでは製図によるケガキですので、オンライン(ケガキ線上)にスコアを入れます。 スコアは、定規などを用いずフリーハンドで、ケガキ線をよく見て、慎重に直線状に入れます。 上手にオンラインにスコアが入ると、割れた後のガラスの両方にマジック線が残ります。
オンライン(ケガキ線上)にスコア われた両側にマジック線が見える
 《2》 手割り(荒切り)
 手割りは、大きなガラスを半分にしたり、大きなピースの、それも直線に近いカットを大胆に、手際よく割る方法です。 仕入れたばかりの大判のガラスは大きく扱いにくいです。 これらを粗切りする(半分に分ける)ときに「手割り」を用いると簡単です。
 スコアーを入れた後、スコアーを中心にガラスの両側を人差し指と親指で持ち、折り曲げると同時に、 左右に引き離すように力を入れます。
 もし、それでも割れなかったり、厚みのあるガラスを割るためには次の方法もあります。 スコアーを入れ、手割りをする前に、スコアーの始点と終点にブレーキングプライヤで、ヒビを入れておくとより割れやすいです。
ステンドグラスの手割り1 ステンドグラスの手割り2
ステンドグラスの手割り3

 (1分28秒)

 《3》 細分割
 荒切り後の細分割にも、手割りを多用して下さい。とてもスピーディーに作業が進みます。
細分割

 (43秒)

 ただし、手で持てるだけの面積が無い、端部などのカットでは、プライヤーやザグザグを使用して下さい。
ブレーキングプライヤ細分割1 ブレーキングプライヤ細分割2
 下図は、全てのピースをカットしたところです。
全てのピースをカット

前へ 次へ

■写真はクリックすると拡大表示されます■