ステップC1. 課題作の概要説明

 ここでは少しがんばって、直径50cmのステンドグラスパネルを作ります(額縁の直径は約60cmです)。 ステンドグラスのパネルは、大きいものでは1u以上になりますので、直径50cmだと中規模と言えます。 ですが、コパーテープ技法では、大きくても小さくても技術的にはあまり変わりません。 この課題作をマスターすれば、大きなステンドグラスも作れるようになります。 課題作の題は「烏瓜」です。
 講習のポイント1として、まずデザイン技法をしっかり学びます。 一言で言えば、「絵」を描けるようになる、ということですが、あくまで図案レベルですので、 油絵や水彩画のように難しくは有りません。ここでは、私(福田)が得意とする水墨画の原画描法をご紹介しますが、 皆さんがお使いになるのは、色鉛筆でも、水彩絵の具でもかまいません。
 ポイント2は、ガラスの凹カーブのカットです。えぐれたカーブは苦手、という方は必見です。
 ポイント3は、補強枠の作り方です。大きな作品になるほど、強度の確保が難しくなります。その方法を学びます。
制作時の目安
工具一式で4万5千円程度(ルーター無しで2万5千円)
ガラスを含む消耗品実使用分:1万円程度(購入したほとんどの消耗品が8割がた余ります)
木額縁(円形)7千円〜1万7千円程度
詳しくは最終章(工具と消耗品一覧)ご参照
作業時間50時間
 このコースでは、前半、絵の描き方に重点を置いていますが、もし、技術面だけ学びたいという方は、 無理せず、既存の写真やポスターを模写して下さい。 ただ、著作権がありますので、あくまで個人的に楽しむ用途に限定してください。
課題のステンドグラス

すぐにでも始めたい入門者のために!

ステンドグラス・スタート セット
販 売

↑クリックして通販ページで一覧表示

ネットスクール達風の《十両》《前頭》両コースで紹介した基本的な道具とガラス等消耗品(全30点)をリストにしています。
欲しいものだけチョイスして、即買えます。
ステンドグラス入門者

次へ

■写真はクリックすると拡大表示されます■