ステンドグラス「藤」が完成しました

11月下旬から取り組み始めたオーダーメイドのステンドグラス「藤」が完成しました。

半田終了後、ブルーシートで作った臨時のプールの中で、洗剤とお湯でステンドグラスを洗浄しました。真鍮ブラシを使い、半田線の隅々まで磨き上げます。また、ガラスに付着しているペーストフラックスも除去しておきます。これが残っていると、後々錆の原因になります。中性洗剤で洗浄しても残ってしまう汚れは、乾燥後、ベンジンを染み込ませたティッシュでふき取ります。

この後、もう一度良く観察して、半田線にピンホールやビ-ズの付着が無いか確かめます。ピンホールは表面に空いた小さな穴です。実はこの下に大きな空洞が隠れていることが多く、ここに水や薬品が溜まると後々錆の原因になり厄介です。ですので、半田コテを当てて塞いでおきます。また、ビーズは、半田の小さな玉です。これも見苦しいので、半田コテかカッターナイフで除去します。

その次に、パティーナと言う希セレン酸で黒染めします。そしてまた洗浄。乾いたらワックスを塗布します。これも防錆のためです。最後に、周囲についている真鍮製の枠材とガラスとの隙間にパテを埋め込んで完成です。

約1ヶ月のお仕事でした。箱詰めして、先日施主様に向けて、発送しました。まずは、無事着くことを祈ります。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。