ステンドグラスパネル「丘の風景」はガラスカット中

大型のしかも3連ステンドグラス「丘の風景」は、ようやくガラスカット段階に入っています。フィッシャーと言う今は無きドイツのアンティークガラスメーカーのまさにアンティーク的価値のあるガラスを型紙に合わせて切っています。

型紙も膨大な量のピースに切り分けられています

型紙も膨大な量のピースに切り分けられています

フィッシャー・ガラスの上に、無駄なく型紙を並べています

フィッシャー・ガラスの上に、無駄なく型紙を並べています

スカイブルーのガラスは、ランバーツという、これもドイツのアンティークガラスです。アンティークガラスは、ステンドグラス専用の手作り板ガラスのことです。

型紙とスカイブルーのガラス

型紙とスカイブルーのガラス

空の部分は、ピースが大きめです

空の部分は、ピースが大きめです

家のピース(紫や赤のガラス)は、カットして研磨した後、絵付けします。

細かいピースはコンテナで管理

細かいピースはコンテナで管理

ステンドグラスパネルのガラスカットと、研磨はしばらく続きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA