出張教室の作品完成

月に一度の、障がい者施設への出張教室では、フュージングパネルとアクセサリーの制作をしています。
 今日、約半年がかりでガラス片を並べて作ったフュージングの大作が仕上がり、施設でお披露目しました。ガラスを並べるのは、利用者さんでしたが、一旦私の工房で預かり、焼成したので、完成品を見るのは皆さんにとって初めてです。
 美しい作品に、皆喜んでくれました。
施設責任者の方も、飾る場所を検討してくれています。

題して「紫陽花」です。
写真ではその鮮やかさがわかりにくいですが、ガラスの涼やかな輝きが印象的なパネル作品となりました。
額縁を右側から支えている方が、根気よさを発揮して、制作を主導してくれました。 
 次の制作課題は「ほおずき」です。この作品の原画も、同じ施設の利用者さんが描いたものです。それをプリンターで拡大して、型紙にしています。

まるで将棋でもさしているように、二人で黙々と作業しています(リンゴを食べながら)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA