愛知・取り付け旅行

 完成後4ヶ月間、ウチを華やかにしていた「アテナとニケ」がそろって嫁入りする日が来ました。施主さんの邸宅が完成間近と言うことで、取り付けに行ってきました。場所は、愛知県北名古屋市です。

 出発前日の積み込み作業です。木箱を作り、その箱を先に車に固定し、後から作品3枚をその箱に入れました。

 午前3時半に家を出て、最初の休憩地、海老名SAに到着です。日の出少し前です。眠いのに妙に興奮している。この懐かしい感覚、久しぶりだなあ...思い出しました。20代の時にせっせと行っていたスキーの、夜通しドライブのあの感覚です。仕事が終わった金曜日の晩の強行軍。
もう当時の体力はありません。

 日の出と共に、富士山の頂上付近が美しく赤紫色に輝きだし、思わず片手撮影。
(危ないヨ!)

 午前中に名古屋市入りし、まずはお世話になっている(株)十條さんを表敬訪問。ここは、日本有数のガラス工芸用品の輸入代理店です。写真は、弊社担当のMさん。会社の倉庫を見せてもらいました。いつも買っているガラスや工具類が大量にストックされていて圧巻です。

 お昼は名古屋名物「天むす」です。セットメニューで頼みました。

 午後1時から現場入りして、作業開始です。玄関入ってすぐ左の3連窓が、今回の設置場所です。しかし広々とした玄関ホールです。10畳くらいありそうです。

 私は、ほとんど見ているだけです。大工さんが押縁をネジ止めしてくれました。

 こうして、午後3時には無事3枚は収まりました。本当に素敵な場所です。この子達は、幸せです。私も...
 作品の拡大写真は、Gallery本編にて是非ご覧下さい。
 しかし、日帰りは辛いです。

愛知・取り付け旅行” への4件のコメント

  1. わ~!!すばらしい!!
    途中の様子も楽しそうですね。
    富士山は赤紫色に輝いていますが
    富士山のすそから黄金の光が見えますね。
    作品とTAPPUさんを祝福しているかのようです。

  2. あんだんてさん こんにちは
    早朝のドライブは気持ちよかったです。8年ぶりくらいの遠乗りです。それくらい普段は移動しないんです。
    富士山は本当にきれいでしたよ。多くの画家や写真家達を魅了してきたのがよく分かります。
    でも、お尻が痛くなりました。往復13時間の運転で...

  3. >20代の時にせっせと行っていたスキーの・・・・・・もう当時の体力はありません。
    切実にわかります。
    週末会社終わったその足で、徹夜で京都~信州に向かい、早朝到着。
    ペンションに荷物下ろして、即ゲレンデ・・・
    日曜の夜帰路につき、また早朝家に戻ってそのまま会社へ。
    20代のときの恒例行事みたいになってました。
    ぺーぺー時代で、給料も時間も体力も自由に使えていました。
    遅刻しても「しゃーないやっちゃ」で済んでいましたが、
    独立したら、自己責任が増えただけで、とくに体力のことを思うと先行き不安になってしまう今日このごろです。

  4. びじつぶさん こんにちは
    びじつぶさんの仰るとおりです。
    なんの後ろ盾もない自営業者は、体力と健康を失う=餓死を意味していますから、笑い事ではないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA