大判石楠花パネルの原画作成

 昨日は、神社の夏祭り(の出し物)に向けてのヨサコイ練習。恐らく1日あけて明日は筋肉痛です。
 昨日今日とシトシト雨、なにより涼しくて気持ちよいです。朝から墨を磨って、墨画描き。ここ1ヶ月バタバタでしたから、ゆっくり絵を描ける時間はありがたいです。
 石楠花の墨画風ステンドも、もう3回目。10年前に室生寺でスケッチした石楠花が一番印象深く、今回もそのスケッチブックを広げて、枝振りを創造しました。

大判石楠花パネルの原画作成” への2件のコメント

  1. 墨の濃淡が綺麗に葉や花の陰影を作っていますね。
    墨絵風ステンドって言うのも、あるのですね。
    配置のバランスが、とても良く、センスの良さを感じます。

  2. 墨画風ステンドというのは、私の造語なんですけどね。
    クリアとグレー3階調と1色のカラーガラスだけで作るんです。
    派手さはないですが、日本の家屋には合うと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA