半透明処理をしたガラス

 今回もアンティークガラスを用いますが、お客様のご要望で、外から室内を覗かれないように、ガラスに半透明(オパック)処理を施します。写真は、花弁に用いる赤のストリーキーですが、向こう側の景色が見えなくなっています。全てのガラスにこの処理をしてから、カットします。
 道路や隣家に面した窓にステンドグラスを取り付ける場合、プライバシーを考慮して、半透明処理をご依頼されるお客様が多いです。この場合、カーテンの役目もはたします。
 また、ステンドグラス越しに、庭の緑が見えるのも趣がありますから、取り付け場所によって処理を選択されるのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA