No.0356

フュージング応用 ステンドグラス 行灯

「2002日本現代ガラス展・能登島」入選作品

「POSE」

POSE
ステンドグラス 行灯「POSE」

サイズφ150mm×縦460mm
設置場所未定
制作経緯自主制作
制作年度2001年度
価  格在庫あり \80,000(税抜き・送料サービス)
この作品のご購入を希望される時は、通販ページもご覧下さい。
※リンクランプ(電球)付属
 石川県は、ガラス工芸を含む工芸美術全般の振興に力を入れている県で、様々な公募展が開催されます。 日本現代ガラス展能登島もその一つで、2002年にこの作品が、ステンドグラスとして唯一入選しました。
 裸婦2体を大胆に配した行灯(あんどん)タイプのランプオブジェです。 裸婦は、一方は正面から、他方は背面から描いています。 これは、女性がポーズを取った時の美しさを、どれだけ単純な線で描けるか、に挑戦した作品です。
 人が、美しい裸体を見て感動するメカニズムを、解明するというのは、野暮と言うものかもしれませんが、 あえてこの作品では、「輪郭の美しさ」と「流れの美しさ」に注目し、「輪郭」は荒っぽい筆描きのグリザイユで、 「流れ」は、オレンジとアンバーのストライプで表現してみました。
私は、裸婦に限らず、男性の身体や動物の身体に美しさを感じる時、そのモノの頭の先から足先に向けて、 あるいは肩から手の先に向けての「流れ」を感じるのです。 この流れが、身のこなしと一体になった時、生物特有の美しさを実感します。皆さんはいかがですか。
 技法的には、裸婦の部分はフュージングという、800℃近い高温でのガラス同士の融着を利用した、まさにオブジェで、 それを周囲に配した暗めのグリーンとグレーの透明ガラスと一緒にスランピングして円筒状にしています。 裸婦の部分だけ、オパールセントガラスを用いていますので、面発光します。 これらのピースをコパーテープ技法のステンドグラスとして組んでいます。

POSE
少し回転させて撮影

閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ