No.0308

ステンドグラス 小物

「花皿とシャーレ」

皿
ステンドグラス 小物「花皿とシャーレ」

サイズφ100mm〜180mm
設置場所未確認
制作経緯自主制作
制作年度2001年度
 スランピングという熱でガラスを曲げる方法を利用して制作したステンドグラス小物です。 左が花皿、右がシャーレです。 用途は...スティックシュガーやコーヒークリームを入れたり、アクセサリーを入れたり、 窓辺に置いて飾りにしたり。色々です。
 写真ではわかりにくいかもしれませんが、シャーレは縁に半田処理をしていないので、軽快な感じがします。 これは、板ガラスを購入する時についてくる縁(ミミと言います)を取っておいて、利用しています。 ミミは縁が滑らかに丸くなっているので、怪我をしません。
 ステンドグラスを作っていると、大量の端材が出ます。 高いガラスですから取っておきたいのですが、今度は場所を取ります。 頭が痛いです。

前へ 閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ