No.0305

ステンドグラス 行灯

「からすうり」

からすうりからすうり
ステンドグラス 行灯「からすうり」

サイズφ150mm×縦460mm
設置場所千葉県: 個人邸
制作経緯自主制作
制作年度2001年度
 秋の深まる頃、雑木林に分け入ると、目立った朱色のからすうり(烏瓜)の実に出くわすことがあります。 つるは細く、枯れかかっているのですが、重いウリの実を沢山ぶら下げても切れずに、しっかり絡み合っています。 葉もくしゃくしゃに枯れていて、その分、実のシワの無い丸みが際立ちます。
 私は、つる性の植物が好きで、ステンドグラスの題材に沢山採りいれてきました。 あけび、ぶどう、朝顔、つた、やまのいも。 調布の鈴木先生のもとで、長く墨画を教わってきていますが、納得のいく画はなかなか描けません。 ですが、つる植物だけは、時々構図がキマル時があります。 長く伸びたつるが、空間を大胆に分割するのと、くしゃくしゃに絡み合ったつるが、 またもう一方の空間を密に引き締めるのが好きなんです。 図鑑を見ていたら、からすうりの仲間で、きからすうり(黄烏瓜)というのをみつけました。 その根がサツマイモに似ていて、その澱粉から「天瓜紛(てんかふん)」ができるそうです。 風呂上りの赤ん坊にパタパタと付けるベビーパウダーのことです。 僕が小さいころは、ベビーパウダーなどとは呼ばず、確かに天瓜紛と言っていました (シッカロールとも言っていた気がします。同じモノでしょうか?)。 でもまさか、からすうりの根から作った天然モノではないと思いますが(ちなみに私は昭和38年生まれです)。
 このステンドグラス作品は、長く伸びたつるが、行灯の上部ですっきりと伸び、下部でくしゃくしゃに絡まっています。 オレンジ色の実は、モダンなアクセントになっていると思います。会心の一作です。

前へ 閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ