No.0250,0251

ステンドグラス 行灯

「木」(左)、「竹」(右)

あんどん
ステンドグラス 行灯「木」(左)、「竹」(右)

サイズ直径150mm×高さ460mm
設置場所東京都、千葉県: 個人邸
制作経緯自主制作
制作年度2000年度
 中に長さ40cmの縦長電球(リンクランプ)が入っている円筒状のステンドグラス行灯(あんどん)です。 左は、木の幹をイメージしアンバーのガラスを用い、右は竹やぶをイメージしターコイズブルーのガラスを用いて制作しました。 両者ともドイツ・ランバーツ社のオパックガラス(不透明ガラス)です。
 写真は、玄関の下駄箱の上に置いて撮影したものですが、当時は天井の照明を点けずに、この行灯だけで明かりをとっていました。 私の家の玄関には、人の赤外線を関知して自動的にあんどんをON/OFFするスイッチが設けてあり、 夜中にトイレに行く度に、自動的にパッと幻想的な空間が広がります。 このスイッチ自家製ですが、省エネにもなりお勧めです。

閉じる 次へ


ステンドグラス工房達風 HOMEへ