角切りチーズパン チョコマフィン

JUGEMテーマ:手作りパン
 マフィン型でパンとお菓子を作りました。形がとても愛らしく小ぶりなマフィン型は大好きです。

『角切りチーズパン』です。中にころころチーズが入っています。マフィン型に入れて2次発酵しました。
 
『チョコマフィン』です。こちらは中にチョコレートが入っています。

この生地の粉は、強力粉のみです。強力粉の生地は捏ねやすく扱いやすいです。焼きあがりの食感ももっちり弾力のあるパンになりました。
 すでにご存知でしょうが、小麦粉は、小麦粉に含まれるたんぱく質(グルテン)の割合、質や量によって3つに分類されます。たんぱく質の量が多く、質の強いもの(粘りや弾力)から、強力粉、中力粉、薄力粉と分類されるのが一般的です。
 小麦粉の成分は、約70%がでんぷん、約7~13%がたんぱく質、あとは、微量の脂質、灰分、水分、ビタミンやミネラルが含まれているそうです。
 強力粉:硬質小麦を使用でたんぱく質の割合が約12%以上。パンや麺、餃子の皮などに使われます。
 中力粉:中間質小麦を使用でたんぱく質の割合が9%前後。乾麺、フランスパンなどに使われます。
 薄力粉:軟質小麦を使用でたんぱく質の割合が8.5%以下。お菓子や天ぷらなどに使われます。
 
 ※準強力粉は強力粉と中力粉の中間です。
 捏ねると分かりますが、強力粉は水分の吸水性が良く、薄力粉は悪いです。この現象は小麦粉に含まれるでんぷんの粒の大きさに関係するようです。
 パン作りを始める前は何も考えず使っていた小麦粉ですが、調べると奥が深いです。 奥が深いステンドグラスも勉強するたびに、新しい発見ばかりです。

 
にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村良ければクリックお願いします。