ステンドグラス制作者の「ぎやまん草子(その35)」「値段」

予想外の値段の高さに驚かされる、っていうことありませんか。土地やダイヤモンドのように誰もが認める高価なもののことではなく、見た目はもっとあっさりしていて、似たようなものが安価に手に入るもののことです。

例えば、テレビで紹介される銀座の老舗寿司店で、トロの握り1貫2,000円したりする場合です。思わずその値段の根拠を知りたくなりますよね。だって、回転寿司では2貫で100円なんですから。

多くの場合、大将はその原料となるマグロ本体や、部位の希少性を説明して、レポーターも一応納得します。でも、私は納得がいきません。大将は、本当にその原材料の高さを言いたかったのでしょうか。レポーターがもっと突っ込んで質問したり、あるいは裏付け調査をしたら、原材料は想像以上に安い気がします。大将は、「俺の腕の値段、つまり技術料だよ」と言いたかったのではないでしょうか。

日本人が納得しやすい値段の根拠はなんでしょう。
まず1番目は、原材料に因るものでしょう。高い材料でできたものに高い金を払う。至極当然です。
2番目が、制作にかかった時間でしょうか。時間がかかったもの=労働が費やされたものは高い。これも納得がいきます。
3番目が、権威付けされたもの。例えば、弁護士の相談料は高い、とか、賞を取った人の作品は高い、といった類です。
最後の4番目が、「才能」に金を払う。これがなかなか納得されない部類ではないでしょうか。権威付はされてはいないが卓越した才能・技術の要るものです。例えば、在野の書家の書く「書」なんてどうでしょう。原材料はせいぜい数百円、作業時間も1時間とかでしょう。これが10万円と言われたら、どう思いますか。「えっ、時間給2,500円として…3,000円くらいで譲ってくださいよ」と内心では思うのではないでしょうか。まあしかし、この書家さんが「ここまで来るのに20年間修業しましたので、自己投資の回収分が入っています」
とか説明してくれれば、あるいは納得がいくかも知れません。でも、これでは上記2番目の「時間にお金を払う」の亜種になってしまいます。

世の中には、修業時間もたいしてかけずに、素晴らしいものを生み出す天才もいます。我々、こういう人には、なかなかお金を出せませんね。
その理由を、私なりに考えてみました。
まず第1に、日本人は自分の目や舌で価値を判断できる審美眼を持っていないから、ではないでしょうか。「有名な評論家がイイと言っているから、イイに決まっている」「制作に時間がかかっているのか、彼も生活がかかっているし払ってやるか」と言う根拠で、お金を払っていませんか。
第2に、人は皆、同じ能力を平等に持っている、と思っているから。
企業に属した研究者が、ノーベル賞級の素晴らしい発明をしても、ちょっとボーナスが上がるくらいで、才能に対する対価が支払われない。なんて話も聞きます。こういう企業のお偉いさんは、同じ実験装置と同じ時間を与えれば、誰でも同じ発明が出来ると思ているのでしょう。大多数の日本人は、個個で異なる潜在的才能があることを認めたがらず、それを評価する習慣が無いのだと思います。

ステンドグラス「ストレリチア」 2012年制作

ステンドグラス「ストレリチア」
2012年制作
ステンドグラスの高価の根拠を聞かれると、ついつい「ドイツとフランス製のアンティークガラスを使用していますので」と言ってしまいます。でも、正直材料代は全体の2割程度なんですけどね。
小心者なので「ほとんどが私の技術料です」とは言えません。

第9回 風芽会展(2015)始まる

第9回 風芽会展 葉書

第9回 風芽会展 葉書

私が所属している書と墨画の同人、風芽会の第9回展が、調布市文化会館「たづくり」2F北ギャラリーで始まりました。会期はH27年9月23~27日です。

今日の午前中は、その設置に行ってきました。出品者11名、出展数約50です。私は、墨画3点を出展しました。

自分の作品の角度調整

自分の作品の角度調整

この3点、内2点(写真左側)は、ステンドグラス制作の原画です。ステンドグラスの注文制作では、ほとんどの場合、墨画で原画を描きます。その時、数点のボツ(お客様に選ばれなかった絵)が出ますので、取っておいて、こういう時に額装します。

左から「竹林」「山葡萄」「梅」

私の作、
左から「竹林」「山葡萄」「梅」

朝9時からとりかかり、午後1時には格好になりました。2時から一般公開です。

先生とそのご家族と記念撮影

先生とそのご家族と記念撮影

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

長崎出張:フュージング画「祈りの言ノ葉」展に行ってきました

私が制作を担当した340点のフュージング画が展示される「祈りの言ノ葉」展に、公開前日から行ってきました。原爆投下70周年の平和祈念イベントとして企画された展覧会で、A3版ほどのフュージング画1枚1枚に祈りを込めた短歌や俳句が書かれています。句歌は他人の作ですが、挿絵とガラス制作を達風で担当しました。

ステンドグラスとは書いてありますが、正確には「フュージング画」ですね。

ステンドグラスとは書いてありますが、正確には「フュージング画」ですね。

340枚はとにかく多いです!長崎歴史文化博物館の4部屋ほどに分かれた広い会場に、ずらっと並びました。昨年末から今年8月初旬まで制作していたので、全ての作品を思い出すことが出来ます。

小粒のフュージング画も、ずらっと並ぶと壮観です

小粒のフュージング画も、ずらっと並ぶと壮観です

公開初日の様子

公開初日の様子

家族も同行したので、無事開催を見届けて、長崎市内観光に向かいました。お決まりの、原爆資料館見学も。

 原爆資料館で平和教育... 一度は直視しておくべき「歴史的事実」だと思いました。


原爆資料館で平和教育...
一度は直視しておくべき「歴史的事実」だと思いました。

フュージング画作品のモチーフに、平和記念像や大浦天主堂、眼鏡橋など、長崎市内の名所が多かったので、まさに確認作業のように見て回りました。

平和公園内の平和祈念像

平和公園内の平和祈念像

大浦天主堂

大浦天主堂は素敵でした

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス制作者の「ぎやまん草子(その34)」「図工」

小学校で図画工作と言われる教育科目、皆様はどう思われますか。時間数も教員数も削減され続け、教育内容もどこかお座なりのような気がしてなりません。ちなみに、図工の授業時間は、1年生では昭和40年代の年間105時間に対し現在は68時間です。6年生では70時間に対し50時間です(文科省)。

特に図画=絵を描くことについては、先生は生徒達の「上手に絵を描けるようになりたい」という願望に応えていますでしょうか。「上手かどうかは重要ではない、独創的であるか、楽しんでいるかが重要なのです」との反論が聞こえてきそうです。ですが、これは教師が、上手に描けるようにしてあげられないことの言い訳に聞こえてなりません。

正確に描けることは、図工の基本中の基本であると思います。対象物のプロポーションを目測し、色・明暗を分析し、紙の上に再現する作業です。生徒が上手く描けずに、半ば出鱈目に描き殴ったものを「独創的でイイねえ」と褒めたところで、子供の為になりますでしょうか。これを同じ実技教科である音楽に当てはめるならば、「ドレミの音程はどうでもいいから、思い通りに楽器をかき鳴らしなさい」、体育なら「ボールを正確に投げたり捕ったり出来なくていいから、まあ元気にぶん投げなさい」と言っていることと等しいと思います。音楽教育も体育教育も、現実はもっと基本を重視していますよね。

私は、小学生(特に低学年)には芸術性など、ほぼ必要無いと思っています。子供は生まれて1年も経つと絵を描き始めます。親は、子をあやすことに疲れると、決まって紙とクレヨンを与えますね。子供にとって絵を描くことは、芸術活動ではなく遊びであり、獲得願望の代償行為ではないかと思っています。彼らが描くお姫様やお人形、動物や虫も、電車や飛行機、勇ましい怪獣やヒーローも、実物は手に入らないから(入ってもおもちゃだから)、あるいは自分がそのものになれないから、画用紙に自由に再現したいのでしょう。彼らにとって、上手に、正確に描けるということは、欲求を満たすための何よりも大切なことなのです。

教師は、まずこの願望に応えてあげないと、芸術的才能の開花と言う段階に入る前に、彼らは絵を辞めてしまいます。上手に正確に描けるというのは、テクニックであり訓練の成果ですから、教える側にも相応のスキルと根気が必要です。今の教師にそのスキルが不足しているとは思いません。彼らは、石膏デッサンをこなして、高等教育の美術課程を経てきているのですから。問題は、国の教育方針にあると思います。

わが子の図工の教科書を見ると、絵具や色鉛筆、クレヨンはもとより、切り絵や版画、粘土、塗ったり、切ったり、貼ったり、とにかく多数の技法を試させてばかりです。ですがどの技法も、時間切れで掘り下げ切れないだろうなあと思います。結局子供達にとって、6年間の小学校生活の中で、上手に描けるようになれなかったというコンプレックスが醸成され、中学・高校での美術教科の不人気、美術離れに繋がるのだと思います。

フュージング画「柿とオナガ」 私は小学生低学年のころまで、鳥ばかり描いていました

フュージング画「柿とオナガ」
私は小学生低学年のころまで、鳥ばかり描いていました

フュージング画340点が長崎で公開されます

私が原画(水墨画)とガラス制作を担当した、340点余りのフュージング画が、3日間ですが展示されることになりました。長崎県ですが、ご興味のある方は是非。

展覧会名:終戦70年平和祈念「祈りの言ノ葉」
会場 : 長崎歴史文化博物館 3階企画展示室
期日 : 2015年9月5日(土)〜9月7日(月)10:00~17:00
主催 : 株式会社六曜社
サイト:http://www.nmhc.jp/museumInet/sch/eveScheduleView.do…

平和への祈りを込めた短歌や俳句など(主に公募作品)の詩歌作品を、フュージング画で装飾し、展示いたします。

祈りの言ノ葉展

祈りの言ノ葉展

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

フュージング画作品341点を出荷しました

昨年12月から続いていたフュージング画の連作が、今年8月初めに完了し、作品全点341枚を23箱に詰めて出荷しました。

1箱にA3くらいの大きさの作品が、15枚入っています。

フュージング画の入った箱。
1箱に、A3版くらいの大きさの作品が、15枚入っています。

作品の入った箱は全部で23個

作品の入った箱は全部で23個

来る日も来る日も、フュージング画の制作で明け暮れた半年が終わり、ほっとしました。トラックで、お客様の元に送られていきました。

専用のトラックで輸送

専用のトラックで輸送

150810_4無事届くことを願っています。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス制作者の「ぎやまん草子(その33)」「死」

私はステンドグラスを作るクリエイターであり、信仰者の顔も持っています(神社神道ですが)。信仰の目的は、死に対する不安や恐れを無くすこと。私が信仰している理由のひとつはこれです。

「その歳で、もう自分の死の話ですか。早くはないですか?」と問われるでしょう。人とはこの質問者のように、自分の死について考えることを避けるものですね。「死」という言葉は巷にあふれています。ニュースの多くが、他人の不幸な死を伝えます。そして、やがて自分に死が訪れることも覚悟しています。ですが、今、自分の死を具体的に思い描くことは最大のタブーです。

人の営みの多くが、この「己が死」から目を背けることから発している、と私は考えます。 酒を呑み享楽に耽るのはもとより、人はなぜ、際限なくお金を欲するのか。それは、「枯渇」の先にあるものは「餓死」であると本能が教えるからではないでしょうか。同様に人はなぜ健康を希求するのか。孤独を嫌うのか。その先に、病死、孤独死、つまり「己が死」が待っていると、無意識のうちに連想するからではないでしょうか。他人を蹴落してでも優位に立ちたいと駆り立てるもの、競争社会、いじめ、戦争、元をただせば人が潜在的に持つ「己が死への恐怖」から発していると思います。そして、その日が来るのを、できるだけ先延ばしにしたい。

私達は、己が死のどの部分を恐れているのか。死の前の苦しみか。介護を受ける身の心痛。お金の心配か。醜態を曝し、プライドが傷つくことか。愛する人達との離別、残された家族への心配、やり残したことへの未練、等々。そして、未知なる死後の世界に対する不安と恐怖心。これをたった独りで受け入れ乗り越えなければならないという事実。これら全てが恐怖だと思います。

私は小学生のころから、自分は短命ではないだろうか、と漠然と思い込む一種の癖がありました。西暦2001年を生きて迎えられるだろうか、と不安に感じていたことを覚えています。幸い36歳の時、ミレニアムと言われたこの一大イベントを、この目で見ることができましたが。また、小学校6年の時、沖縄の南部戦跡を訪れた時に受けたショックも大きく、戦争や罪のない人々に降りかかる不条理な死に対する、憎しみにも似た嫌悪感を持つようになりました。

しかし恐怖心を克服するには、目を背けず、対峙するしかありません。信仰は、ずっと避けてきた「己が死」をじっくり考えさせてくれる時間だと思います。祈りを通して、神との出会いを体感し、死後もこの関係は変わらないという実感を持つことこそが信仰で得る智慧ではないでしょうか。ああ、死んでも一人ぼっちではないんだ、という実感。諸行無常を悟り、貪ることを止め、心の平穏を得る。そうすれば、卒業式の前日まで伸び伸びと学び遊ぶ子供のように、生そのものも瑞々しく充実する。これは、信仰の専売特許、独壇場ではないでしょうか。これが得られれば、その時、億万長者よりずっと豊かだと思います。 私は信仰にこれを期待します。

フュージング画「みちしるべ」

フュージング画「みちしるべ」
死者の御霊を彼岸に導くみちしるべを、曼珠沙華の列で表現しました

インドネシアからステンドグラス作家さん来房

Face Book で知り合った外国のお客様が、今日、当工房に遊びに来てくださいました。FBがらみの外国からのお客様は、フランスに続き2組目です。

インドネシアを代表するジャカルタのガラス工芸工房 Eztu Glass Art のオーナー ブライアンさん(Mr. Brian Yaputra)です。私とは比べ物にならないほどのビッグな作家さんです。社員はなんと数百名、インドネシア国内はもちろん、日本はじめ世界各国に作品を送り出しています。

彼のサイトはこちら。

Eztu Glass Art のオーナー ブライアンさん(Mr. Brian Yaputra)

インドネシアを代表するガラス工芸工房 Eztu Glass Art のオーナー ブライアンさん(Mr. Brian Yaputra)。<雑誌の掲載記事から>

まえから、FBでお互いの作品写真に感想を書き込み合っていたのですが、ブライアンさんが、ご家族で日本に旅行するこのタイミングで、当工房もスケジュールに組み込んでくださいました。

私の作品の写真を撮ってくださっています。恐縮です。

達風ギャラリーにて、私の作品の写真を撮ってくださっています。恐縮です。

ブライアンさんの工房では、伝統的な絵付けステンドグラスから、亜鉛線組の頑丈なステンドグラス、大判のフュージングなども手掛けているそうです。いわゆるガラスアートの総合メーカーと言ったところで、モスクや教会、商店、公共建築、民間住宅など、ありとあらゆるところに納めています。

ギャラリーには子供がちょろちょろ

ギャラリーには子供がちょろちょろ

折角なので、ということで、お互いに得意な「書」と「墨画」の即興ワークショップです。ブライアンさんは中国系インドネシア人と言うことで、書はおてのもの。

ブライアンさん、「友情」と墨書しているところ

ブライアンさん、「友情」と墨書しているところ

私は、ジャカルタの花「蘭」を水墨画で描きました。その後、作品の交換会です。

書と墨画の交換会。私が描いたのはピンクの「蘭」。

書と墨画の交換会。私が描いたのはピンクの「蘭」。

この後、日本蕎麦とエビ天の手製粗食でランチを共にし、再会を誓って午後2時に帰って行かれました。

帰るときの記念撮影。子供たちは、ちょうど夏休みです。英語の会話に入ってこられず、終始もじもじしていました。

帰るときの記念撮影。子供たちは、ちょうど夏休みです。英語の会話に入ってこられず、終始もじもじしていました。親指を立てるのが、彼のお決まりのポーズ。

今日は、梅雨明けの最高に暑い日でしたが、彼曰く「日本はカラッとしていて気持ちがイイ暑さ」だそうです。日本に多数いるステンドグラス作家の中で、なぜ私を選んでくれたのか...彼曰く、デザインの絵画性がお気に召したらしいのですが。私以上に立派な方は、もっといるんですがね。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス制作者の「ぎやまん草子(その32)」「不戦」

私は臆病者です。喧嘩も、痛いのも大嫌いです。ですから、もし戦争が起きても、私は兵隊に行きません。卑怯者と言われようとも。
世に「戦争反対」を唱える人は多いですが、「いざとなったら従軍し、戦う覚悟もあります」と付け加える人も結構多いのです、特に若者世代を中心に。報道番組のインタビューを見ていて感じました。それが愛国心なら敬意を表しますが、一抹の不安も感じます。世界中で今なお繰り返される戦争、紛争、聖戦、内戦、テロと言われるものは、「いざとなれば私は戦う」というこのシンプルで勇敢な決意を、為政者達に利用されて起きていると愚考するからです。
貴方は私にこう問うかもしれません。「他国が土足で踏み込んできても黙っているのか。目の前で君の愛する家族が殺されても、黙って見ているのか。」
卑怯な私は、この質問をも拒否します。このような究極の状態を想定してまで、平時から闘争心を醸成させる必要など無いと思うからです。人間としての最大限のエネルギーと英知を結集すれば、このような事態になるはずがないと。よしんばそうなっても、「戦う」というオプションは考えません。
臆病者の私は、喧嘩をせずに事を収めることを何時も考えています。そして「戦争の無い世界にするにはどうすればよいか」ということも。戦争は天災ではありません。必ず「人」が起こすことです。であるが故に、「戦争をする人がいなければ、戦争は絶対に起きない」と思うのです。さらに愚策として、例えば防衛予算をそっくり「世界平和研究所」設立予算に回して、日本をして世界をリードする平和探究国家たらしめるというのは如何でしょう。日本が、世界中からもっと尊ばれ愛される国になる研究をするのです。日本にはその素地があると思います。私が好きな次の文章に、それが窺えます。日本国憲法の「前文」と言われるものです。
『(前略)日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。』
ともすると、米国から押し付けられた憲法だと揶揄される日本国憲法ですが、この文章からは戦争の悲劇にうんざりした日本と世界の人々の、不戦への強い願いを感じます。
現在世界には、アイスランドを含め25ヶ国ほど、軍隊を保有しない国があるそうです。ちなみに自衛隊は軍隊とみなされているので、日本はこの中に含まれません。 25ヶ国それぞれに、不安や苦労、自己矛盾などはあると思いますが、その国民の決意に学びたいです。

フュージング画「訶梨帝母」 鬼子母神とも言います。人の子を殺め喰うという悪習を止めて、神になる道を選びました。

フュージング画「訶梨帝母」
鬼子母神とも言います。人の子を殺め喰うという悪習を止めて、神になる道を選びました。

和風ステンドグラス「滝桜」は組み立てに入っています

ステンドグラス作りのクライマックス、組み立て工程です。コパーテープ技法の場合、ハンダ付けがこれに相当します。

組み立て用の型紙の上に、ジグソーパズルの要領でガラスピースを並べていきます。

組み立ての最初は、ガラスピースを並べるところから始まります

組み立ての最初は、ガラスピースを並べるところから始まります

ここではじめて、ステンドグラスの全容を見ることになり、わくわくします。

全ピース並べ終わりました

全ピース並べ終わりました

ガラスピースの銅テープ部分に、融かしたハンダを盛っていきます。

ハンダ付けの工具と材料です

ハンダ付けの工具と材料です

この作業自体は、1日で終わらせます。長くかかると、銅テープも酸化して、きれいに仕上がらなくなります。

周囲は幅12mmの鉛線(真鍮補強入り)で囲みます

周囲は幅12mmの鉛線(真鍮補強入り)で囲みます

ハンダが終わったら、すぐに洗浄です。

ハンダ付けの時にフラックスと言う薬品を付けていますので、これを洗い流し、また、ハンダ線を磨き上げます。

ハンダ付けの時にフラックスと言う薬品を付けていますので、これを洗い流し、また、ハンダ線を磨き上げます。

最後に仕上げで、ハンダ線を黒染めします。

パティーナと言う薬品を使って、ハンダ線を黒く染めます

パティーナと言う薬品を使って、ハンダ線を黒く染めます

ハンダ線が黒くなると、画面が一気に締まります。

この後、防錆用のワックスを塗り、鉛線の隙間にパテを詰めれば完成です。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村