第23回 うしく現代美術展はじまる

11月19日より、2週間の会期で「うしく現代美術展」が始まっています。場所は茨城県牛久市の生涯学習センターです。お近くにお寄りの際は、ご高覧賜りたいと思います。総勢50名の作家が、絵画や彫刻、書などを展示しています。私は例年フュージング画を出していたのですが、今回は初めてステンドグラスを出しました。

ステンドグラス「夜梅」を1点、出展

ステンドグラス「夜梅」を1点、出展

話は変わりますが、うちのノートパソコンの調子が悪くなったので、中を開けて、冷却ファン周りを掃除しました。冷却ファンの音も異常でしたし、熱暴走に近い症状だったからです。

ACERのサブノートPCを分解中

ACERのサブノートPCを分解中

以前に1回、ファンの換装をしたのですが、今回はその時ほどはホコリは詰まっていませんでした。

ホコリの詰まった吹き出し口

ホコリの詰まった吹き出し口

一応、掃除して元に戻しましたが、動きが遅いのは変わりませんでした。これも7年選手ですので、そろそろ、新しいPCを買おうと思います。

神戸 動物王国で「動物観察」

制作に欠かせないのがモチーフ。でも、作りたいときにすぐそばにいないのがモチーフです。ですから、常日頃から、観察する習慣を付けていないと、いざ制作する時になって、リアリティーのある絵が描けません。

ということで、週末を利用して神戸ポートアイランドにある「動物王国」に来ています。ここは、基本動物園なのですが、かなりユニークです。それは、実際に動物に触れられる点です。

園内に放し飼いにされている珍しい鳥や動物に、エサをやれます

園内に放し飼いにされている珍しい鳥や動物に、エサをやれます

大きな動物ではなく、鳥や小動物が多く、間近で観察できます。

目の高さをちょろちょろ歩き回るコモンマーモセット

目の高さをちょろちょろ歩き回るコモンマーモセット

良く逃げ出さないなあ、と思うと同時に、観客に持って行かれたり踏まれたりしないか、ちょっと心配でした。ワオキツネザルの餌付けは、人間のまわりを猫のようにちょろちょろ歩き回るキツネザルがとても可愛く、顔つきなどよく観察できました。

ナマケモノは、通路の目の前にぶら下がっています

ナマケモノは、通路の目の前にぶら下がっています

今後の作品作りに、とても参考になりました。やはり、図鑑ではなく生きた動物に接しないとダメですね。

 

大判の自主制作ステンドグラス「フレイヤ」

北欧神話をご存知ですか、スウエーデン、デンマーク、ノルウエー、アイスランドなどに伝わる古い伝承です。キリスト教化以前に信仰されていた土着の神話です。日本では、ギリシャ神話ほどポピュラーではないと思いますが、時々、その北欧神話の神々の名を聞くことがあります。

今、自主制作しているステンドグラスパネルでは、その北欧神話では最も人気の高い女神であるフレイア(Freyja)をモチーフにしています。美・愛・豊穣などの神で、金曜日=Fridayの語源にもなっています。馬車ならぬ猫車に乗って移動します。

女神フレイヤのデザイン画。

女神フレイヤのデザイン画。二匹の猫に曳かれる車に、女神は乗っています。

工房に、ちょうど2匹のシャムネコがいますので、デザインの中に採りいれました。小さな猫に、大人の人間が乗る車を引かせるのは酷ですが、絵としては面白いです。

少し、本格的な絵付けをしています

少し、本格的な絵付けをしています

女神の容姿は、絵付けで実在感を出しています。縦1m、600ピースの大作です。

ラブリー猫のステンドグラスを作りました。

工房にいるシャムネコ兄弟をもデルに、時々ステンドグラスを作っています。高さ30cm強で、油絵のF4号サイズで。名付けて「ラブリー猫」シリーズ。

いつもうちにいる猫をスケッチしています。

 

シャムネコのむぎ

シャムネコのむぎ。お澄まししています。

体中ねめて清潔です

体中ねめて清潔です

シャロンは、人見知りで臆病。でも、大胆に高いところに登ります。

シャロンは、人見知りで臆病。でも、大胆に高いところに登ります。

ステンドグラスは、ふるさと納税の返礼品としても登録されています。興味がある方は、龍ケ崎市の返礼品を「ふるさとチョイス」などのポータルサイトでご覧ください。

「昼休み」

「昼休み」

「ごはんまだ」

「ごはんまだ」

工房の藤が満開です

170419_3

工房の壁に這わせている藤が満開です。一昨年、盆栽の藤を買ってきて、地植えしました。昨年は、蔓は良く伸びたのですが、全く花が咲きませんでした。今年はたくさん咲きました。

170419_4

藤の花は、私には感じませんが、虫にとって良い匂いがするのか、たくさんの蜂が集まってきます。

170419_1

藤棚にしないで、壁仕立てにすると、花が全て見えてきれいです。

170419_2

今年は、壁の半分を覆い尽くすくらいダイナミックに誘引する予定です。

東京国際フランス学園で、特別美術講演をしてきました

東京国際フランス学園は、フランス国立のインターナショナル・スクールです。

そこで、「日本のステンドグラス・アート:研究と適応」
« L’art du vitrail au Japon : recherches et adaptation »

という、ちょっと厳つい題の講演を今日やってきました。

会場は大きな講堂で、緊張しました

会場は大きな講堂で、緊張しました

中学生を対象にした、ヨーロッパの物語とステンドグラスに関する講座の締めくくりとして、依頼されました。ですが、私は、日本に西洋の文化であるステンドグラスをいかにして根付かせるかという研究テーマについて、特に話させてもらいました。

お客さんは中学生ですので、単語は簡単に、フレーズは短く、と心掛けたつもりです

お客さんは中学生ですので、単語は簡単に、フレーズは短く、と心掛けたつもりです

通訳をしてくれた二人の生徒さんは、必死に着いてきてくれて、健気でありがたかったです。

プロジェクターで数十枚の写真を紹介しました

プロジェクターで数十枚の写真を紹介しました

講演と言っても写真と動画主体です。

この講演の模様は、同学園のサイトにも掲載されています。

この貴重な機会を下さった、マチュー先生、ジャン・ピエール先生、ステファン先生に感謝申し上げます。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

保存

保存

保存

うちにネコが来ました

今年1月に、2匹のシャムネコ(ミックス)が来ました。保護猫の里親になったんです。

もともと、猫が好きだったので、飼いたかったですし、ステンドグラスのモデルにも欲しかったのです。2匹は、まだ生後1年経っていないので、体重は3kg以下で、かわいいです。

オスの兄弟です。

オスの兄弟です。

野良猫だったものを、保護団体の方が捕まえて、人に慣れさせたうえで譲渡、というシステムです。この兄弟、1月に来たときはものすごく臆病で、日中は、人目を避けて隠れていて、もっぱら夜に動き回っていました。3月の今では、少しずつですが、人前に出られるようになってきました。でも、まだ抱っこはできません。ものすごく嫌がり、ひっかかれます。

キャットタワーを作り、家の鴨居の上にも、猫の歩道をつけてやりました。

キャットタワーを作り、家の鴨居の上にも、猫の歩道をつけてやりました。

実物の猫を家の中で写生できるのは、とても楽でいいです。

実物の猫を家の中で写生できるのは、とても楽でいいです。

東京国際フランス学園に行ってきました

東京都北区にあるフランス語のインターナショナルスクール、東京国際フランス学園へ妻と二人で行ってきました。この学校は、幼稚園から高校までの一貫校で、生徒さんのほとんどが在日フランス人の子弟とハーフだそうです。

この塀の左側が学園です

この塀の左側が学園です

都営地下鉄三田線の新板橋駅に近いこの学校のセゲラ先生達からオファーがあり、ステンドグラスに関する講演をすることになりました。今日はその下ばなしです。

私と3名の先生(歴史、美術、フランス語の先生)

私と3名の先生(歴史、美術、フランス語の先生)

当然ですが、学校内のほとんどの生徒と先生はフランス語で、まるで外国に来たようです。

妻が得意のフランス語を駆使して、打ち合わせです

妻が得意のフランス語を駆使して、打ち合わせです(美術室にて)

会場は、広大な講堂です。3月の本番までに、写真や動画、話す内容を整理しなければ。

講演の会場。とても広いです。

講演の会場。とても広いです。

保存

フュージング画「桜と富士山」は2回目の焼成が終わりました

大きなベースガラスに、下絵に合わせながら色ガラスの粉を載せていきます。1回に少しずつのせて、ステップを踏んで焼成していきます。

現在、2回目の焼成が終わり、全体の色調が見えてきました。

2回目の焼成後の様子

2回目の焼成後の様子

ガラス粉は、一度に大面積に載せると、熱伝導率に歪が出来て割れてしまいます。ですので、慎重に載せています。

保存

保存

第22回うしく現代美術展やってます

11月20日から、例年通り、牛久市の生涯学習センターにて「第22回 うしく現代美術展」が始まっております。

私も、フュージング画の作品1点を出展していますので、お近くの方は是非ご高覧頂きたいと思います。会期は、12月4日(日)までです(月曜休館)。

私の作品「ストレリチア」フュージング画もあります

私の作品「ストレリチア」フュージング画もあります

この展覧会は、茨城県牛久市とその近隣市町村の芸術家約50名が、出展している総合美術展です。絵画あり、彫刻あり、工芸あり、書あり、なんでもありの美術展です。テーマがあるようで無い美術展ですが、しいて言えばプロが出しているということが特徴です。

様々な作品が、展示してあります

様々な作品が、展示してあります

絵画もあります

絵画もあります

今日は、11月にも関わらず、関東広範囲で積雪があり、とても寒い一日でした。私は店番当番でしたが、お客様はほとんどいらっしゃいませんでした。当然ですね。明日に期待します。