和風ステンドグラス「いちじく」の制作を開始しました

2年前に一度作ったことのある、縦長の水墨画風ステンドグラス「いちじく」の別バージョンに取り掛かっています。いくつかの反省点を踏まえて、バージョンアップした「いちじく」を目指します。

原画は墨をすって、墨画で描きます

原画は墨をすって、墨画で描きます

実際に墨をすって、墨画を描く日は、1日開けておいて、ゆったりした気持ちで描きます。そんなに時間のかかる画法ではないのですが、集中しないと、何枚も書き損じてしまうのです。消しゴムが使えないですからね。しかも、お手本無し、練習無しのぶっつけ本番です。

仕上がった原画

仕上がった原画

今回もお客様のリクエストで、鳥(オナガ)を入れました。下の方にも葉を描きこんで、重心を少し下げました。ですが、得意(?)のひょろひょろ構図です。

原画の上に方眼紙を載せて、型紙作りです

原画の上に方眼紙を載せて、型紙作りです

墨画は、長さ80cmと長大なので、デジカメで撮影し、縮小印刷しておきます。これをライトボックスの上に置き、さらにその上から方眼紙を載せて、輪郭を写し取ります。また、ガラスカットしやすいように、修正したり、カットラインを書き加えて、型紙の原紙を作ります。

左から墨画、縮小墨画、型紙原紙(A3版)

左から墨画、縮小墨画、型紙原紙(A3版)

A3の大きさの型紙原紙が出来たら、急いでコンビニへ。拡大コピーを2セット取り、原寸型紙を作ります。

原寸型紙はA3のコピーを貼り合わせて作ります

原寸型紙はA3のコピーを貼り合わせて作ります

1枚の原寸型紙は、A3が6枚で出来ています。コンビニのコピー機はA3が最大ですから、貼り合わせは仕方ありません。

無事に型紙が2セットできました

無事に型紙が2セットできました

作品の仕上がり寸法は、横50cm×縦100cmです。明日から、ガラスカットです。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

丸いステンドグラスを制作中です

オーダーメイドで直径50cmの丸いステンドグラスを制作しています。デザインは、ちょっと抽象的な、でも分かりやすい「日の出」と名付けたものです。赤やオレンジ色、ブルーが同居する、私としては派手な部類のデザインだと思います。

研磨して、形を整えているところ

ガラスピースをルーターというダイヤモンドの回転砥石で、研磨して、形を整えているところです。

ガラスは80%がアンティークガラスです。アンティークと言っても、中古の板ガラスを探してきて使っている、というわけではありません。一種の業界用語で、アンティークな手法=つまり手拭きで作った(新しい)ステンドグラス専用板ガラスのことです。ドイツのランバーツと、フランスのサンゴバンを使っています。

残りの20%は、米国製のハンドロールガラスです。

研磨が終わって整頓されているピースたち

研磨が終わって整頓されているピースたち

ステンドグラスの組み立ては、型紙の上に銅テープを巻いたピースを並べるところから始まります。だんだん絵が出来ていくようで、わくわくします。

ピースを型紙上に並べ、いよいよ組み立ての開始です

ピースを型紙上に並べ、いよいよ組み立ての開始です

ピースとピースの間に、融けたハンダを流し込み、つなげていきます。

ハンダ作業中

ハンダ作業中

ハンダは、銅テープにしかつかないので、ガラスが汚れることはありません。

ところで、ステンドグラス制作を続けていると、ガラスの端材がたくさん出ます。これをためておいて、時々フュージング技法を使って、アクセサリーを作っています。これが、時々売れるので、嬉しくなってまた作るのですが。で、だめもとで、通販サイトをこしらえて、そこでも販売してみようかな、と思っています。

フュージング・アクセサリー通販サイトを作っています

フュージング・アクセサリー通販サイトを作っています。普段は、工房に来て下さった方にだけご提供しているものです

とは言っても、いまどき。サイトを作っても、気合を入れたSEOをしないと、誰も検索して見に来てくれないんですけどね...これがまた大変で。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス「綿津見」はもらわれていきました

2月に制作したステンドグラス「海神=ワタツミ」は、木箱に詰められ、施主さんの元に嫁入りしました。

(可愛がられるんだよ...)

ステンドグラスを安全に送るための木箱

ステンドグラスを安全に送るための木箱

この木箱も、結構きれいなので、本当は再利用したいのですが、戻ってきたことはありません。当たりまえか...

当工房では、ステンドグラス教室も開いていますが、先達て生徒さんの作品が1個完成しました。グースネックのランプですが、モノトーンのシェードがシンプルで美しいです。モールドも100円ショップのプラスチック容器に紙粘土を貼り付けて自作したものです。

生徒さんの作ったステンドグラスランプ

生徒さんの作ったステンドグラスランプ

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス「綿津見」は仕上げ段階です

ステンドグラスの組み立ても最終段階で、周囲に補強枠を取り付けます。

この枠は、断面がH型をした真鍮棒で、これで囲むと輸送に耐える強度を持ちます。まず、寸法通りに、カットして、表面を綺麗に研磨します。

補強材の真鍮棒をカットしています

補強材の真鍮棒をカットしています

ハンダ付けが終わったパネルの4辺を、この補強枠で囲み、ハンダ付けします。

補強枠でステンドパネルを囲み、ハンダ付けする

補強枠でステンドパネルを囲み、ハンダ付けする

次に、作品を洗剤を入れたプールに入れ、真鍮ブラシで洗浄・研磨します。

ステンドグラスの洗浄

ステンドグラスの洗浄。ハンダ線は黒染めする前に良く磨いておきます。

この後、ハンダ線の黒染め、パテ詰め、ワックス塗布をして完成です。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス「綿津見」のハンダ付けをしています

いよいよこのステンドグラスも組み立て工程です。

コパーテープを縁に巻いたガラスピースを、大判の型紙の上に並べていきます。ジグソーパズルの要領です。

ガラスピースを型紙上に並べていきます

ガラスピースを型紙上に並べていきます

並べ終わるとこんな感じ。ここで初めて全容を見ることになり、少し感動します。

ガラスピースを無事並べ終わる

ガラスピースを無事並べ終わる

ハンダ付けは、仮ハンダ(点止め)と、本ハンダの2段階で行います。コパーテープつまり銅は、ハンダとの親和性が良いのですが、それでもすぐに着くわけではありません。まずペーストフラックスという酸化膜除去剤を筆で塗布して、表面をきれいに且つ活性化させてから、溶けたハンダを流します。

コパーテープにフラックスを塗布します

コパーテープにフラックスを塗布します

次に、要所要所を仮ハンダで、点止めします

次に、要所要所を仮ハンダで、点止めします

仮ハンダを全体に施すと、その後ピースがずれることはありません。次にじっくり、本ハンダを施して、仕上げていきます。

本ハンダで、髪の毛のピース周りを仕上げています

本ハンダで、髪の毛のピース周りを仕上げています

表面が終わったら裏返して、裏面も同様に、本ハンダで仕上げます。出来上がったステンドグラスには、表裏の区別が無いことも多いので、基本的には両面とも同じように仕上げます。

裏面のハンダ

裏面のハンダ。表面と同じようにきれいに仕上げます。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス「綿津見」のガラスピースにコパーテープを巻いています

この行程が、わりと退屈なのですが、実は完成した時の仕上がりに最も影響するところです。

ルーターでの研磨が終わったガラスピース1個1個に、コパーテープ(裏に粘着剤の付いた銅箔テープ)を巻きつけていきます。周囲を少し覆う要領で、ぺたぺた着けていきます。最後にヘラでしごいて、中の空気を抜くと完成。数百個のピース全てに施します。

ピースにコパーテープを巻いています。

ピースにコパーテープを巻いています。

裏の剥離紙をはがすと、シールのようにガラスに貼り付ける

裏の剥離紙をはがすと、シールのようにガラスに貼り付けることができます。

このコパーテープが、この後の工程で、ハンダとしっかり結合します。ガラスだけだと、ハンダをはじいて着かないためです。
したがって、このテープを綺麗に巻くことが、きれいなハンダ線を施す第1歩になります。ガラスの切断面はハンダの内部に隠れるので、どんなにきれいに切っても、逆に雑に切っても、仕上がりには関係ありません!

丁寧に巻きましょう。

縁にテープが巻かれた状態

縁にテープが巻かれた状態

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス「綿津見」の女神に、陰影のステインしています

ステンドグラスの語源でもある、”stain(ステイン)”の工程です。日本のステンドグラスは、このステイン=絵付けをほとんどしませんね。私は、それが絵付けと分からない程度に、さりげない描きこみをしています。

まずは、女神の身体のピースですが、わずかに陰影を付けて、立体感を出します。グリザイユという金属粉とガラス粉の混合物を水で溶いて、顔料を作ります。

グリザイユ

グリザイユをガラスパレットの上で、水で溶いて、顔料をこしらえます。

絵付けは、ライトボックスの上で行います。下の写真は、すねの一部です。水でよく磨いたガラスピースに、ラファエロの細筆でグリザイユを置き、線描きします。次に、すかさずバジャーという一種の刷毛で、はたいて、ぼかしていきます。

細筆で、グリザイユの線を一本引きます

すねの部分の陰影は、細筆で、グリザイユの線を一本引きます

バジャーで、軽くはたくようにして、線を広げてぼかしていきます。

バジャーで、軽くはたくようにして、線を広げてぼかしていきます。このバジャー、数万円するんですよ。

グリザイユの焼成(定着)は、最大625℃で、4時間かけて行います。

焼成前

焼成前

焼成後、ライトボックスの上に並べて、仕上がりとバランスを確認します。そして、さらに細部に陰影を描き増して、2度目の焼成をします。陰影は1回で終わることは稀で、数回に分けて、様子を見ながら描き増していきます。これは、グリザイユは焼成しないと、すぐに剥がれてしまうので、重ね塗りのために、都度の焼成が必要だからです。

ライトボックスでの確認作業

ライトボックスで、陰影の濃さや場所、他のピースとのつながりやバランスの確認作業

普通(特にヨーロッパのステンドグラスでは)、この陰影の前にトレースと言って、目や鼻や皺などを濃いグリザイユで、しっかり描くのですが、私の場合このトレースに相当する輪郭線を、金属の繋ぎ線で表現するので、グリザイユで描きこむことはほとんどありません。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス「綿津見」のガラス研磨をしています

ガラスピースのカットも大詰めです。海底に渦巻く気泡を、ウロボロス社のフィブロイドガラスで作っています。このガラス、荒目のヘアラインテクスチャがあるのですが、これがキラキラ輝いて綺麗なのです。

気泡のピースを切り出しています

気泡のピースはUR70-00というガラスで作ります

ガラスカットが終わると、ルーターという回転砥石で、エッジを研磨します。

ルーター

ルーターでエッジ(切断断面)を研磨します。

ガラスカットというのは、実は、”切り”ではなく”割り”なのです。コップを割ったときを思い出していただくと分かりますが、ガラスを割ると、鋭いエッジが立ちます。危ないです。そのエッジを研磨して、丸くします。同時に、型紙よりわずかに小さいピースに成形します。

1個のピースあたり約30秒。回転するダイヤモンド砥石にエッジを押し付けて、ぐるりと研磨します。

研磨前の断面

研磨前の断面。光っています。

研磨後

研磨後。ざらっとした肌になっています。

このピースの周囲には、後の工程で、粘着剤付コパーテープを貼り付けます。その時、研磨後のざらざらしたエッジは、密着性良好です。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス「綿津見」のガラスカットをしています

板ガラスが問屋から届きました。今回は、緑から青にかけて10枚ほど。すべてドイツのランバーツ社です。手吹きのアンティークガラス(といっても製法がアンティークという意味で、ガラスは新品です)、このガラス素材の状態で、十分美しいです。

アンティークガラス

問屋から届いたばかりのランバーツ社製アンティークガラス

原寸大型紙をピースに切り分けて、板ガラスの上に配置します。そのあと、油性マジックで型紙の外周をガラスに写し取ります。これを工学用語でケガキと言います(建築用語では墨付け、でしょうか)。

板ガラスに型紙を載せ、けがいています

板ガラスに型紙を載せ、けがいています

ガラスカットは、オイルカッターを使って、ケガキ線にそって傷をつけ、プライヤーで割って行います。

女神のガラスカット

ガラスカッターで女神のピースを切っています。といっても、この段階ではキズを付けているだけですが。

髪の毛のピースは、細いので先端が欠けないよう気を遣います。

髪の毛のピース

髪の毛のピース

海面のピースはブルーです。ガラスは、型紙の周囲から0.1~0.3mmほど内側で(小さく)切ります。コパーテープ技法のステンドグラスの場合、ピースとピースの間に0.2~0.5mmほどの隙間を設けます。これにより、後の工程でハンダが表裏でブリッジして強度が増します。

ブルーの「海面」のピース

ブルーの「海面」のピース

ところで、ランバーツ社のサイトに私の作品の写真が数点掲載されました。よろしければ、ご覧ください。http://www.lamberts.de/referenzen/select_category/487.html

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス「綿津見」の型紙を制作しています

久しぶりの人物(正確には女神)のステンドグラスです。

サイズは、横60cm×縦135cmで、大判の部類に入ります。描き貯めておいたヌードデッサンが出番を待っていたからではありませんが、勢いよく数パターンの女神像を描き、プレゼンしました。描いたのは、1)三保の「天女」、2)海神である「綿津見=ワタツミ」、3)「コノハナサクヤヒメ」の3神でしたが、最終的には、2番目の「綿津見=ワタツミ」に決定しました。

お客様への提案用のデザイン画

お客様への提案用のデザイン画を描いています(先週までの作業)

型紙は、拡大コピーの張り合わせで作ります。ここまでくると、全体像が見えてきて制作本番といった感じです。これから、個々の色ガラスの必要面積を見積もって、問屋に発注します。

ステンドグラス「綿津見」の原寸大型紙

ステンドグラス「綿津見」の原寸大型紙

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。