ステンドグラス・パネル「緑のシンフォニー」は組み立て段階です

大規模の部類に入るステンドグラスパネル「緑のシンフォニー」は、銅テープ巻きが終わり、組み立て段階に入っています。当初の予定より、大分速いペースです。

ピースを組み立て台紙の上に並べています。

ピースを組み立て台紙の上に並べています。

総数800ピースを、家族全員で、台紙の上に並べていきます。まさに、ジグソーパズル。最後の1ピースが収まり、1個の欠落もありませんでした。

間髪入れず、ペーストフラックスを塗り、ハンダで止めていきます

間髪入れず、ペーストフラックスを塗り、ハンダで止めていきます

古城の尖塔のデザインが、下の方に見えています。

全面の仕上げハンダが終わったところ

全面の仕上げハンダが終わったところ

ピース数の多いステンドグラスに共通に言えることは、ハンダの使用量が多く、重い作品になるということです。今回も、かなりの重量級です。

仕上げ段階では、洗剤とお湯を使って、ペーストや屋後れを洗い流します。

仕上げ段階では、洗剤とお湯を使って、ペーストやよごれを洗い流します。こう見ると、網目状のハンダ線が良くわかります。

この作品の後は、「桜」です。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

「桜」のステンドグラスも制作開始

「緑のシンフォニー」というステンドグラスも、ガラスカットが続いていますが、一部ガラス材料の仕入れが完了していないので、この間別のステンドグラスの制作を開始しました。

「桜」という横60cm×縦120cmの大作です。ピース数は850で、緑のシンフォニーを上回る規模です。

ステンドグラスパネル「桜」の型紙

ステンドグラスパネル「桜」の型紙

型紙を、ピースに切り分けています。全部で850個!

型紙を、ピースに切り分けています。全部で850個!

桜の花は、ゴールドピンクと言う高価なアンティークガラスを使っています。ベネチアンガラスでは「金赤」と呼ばれるもので、実際に金を含有しています。

ゴールドピンクの板ガラスの上に、花弁のピースを配置しています。

ゴールドピンクの板ガラスの上に、花弁のピースを配置しています。

ガラスカッターとプライヤーで、型紙に合わせてガラスを切り出します。

ガラスカッターとプライヤーで、型紙に合わせてガラスを切り出します。

こちらも、じっくり腰を据えて取り組みます。

切り終ったガラスピース

切り終ったガラスピース

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス「緑のシンフォニー」は、ガラスを切っています

小さいものは大豆くらいから、平均は500円玉くらい、大きいのは5cmくらいの、全800ピースのガラス片を切り出す作業=ガラスカットが続いています。母材は厚さ3~4mmの板ガラスですが、硬さにはばらつきがあります。厚いものは当然硬く、正確にカットするのも難しいです。ですが、日々コツコツ切ります。

切り終ったグラスグリーンのガラス

切り終ったグラスグリーンとグレーのガラス

今回は、緑豊かなステンドグラスです。ランバーツとフィッシャーという2メーカーのガラスを使っています。緑も3種類、青緑、緑、グラスグリーン。

周囲をルーターで軽く研磨します。

ガラスは切りっぱなしでは、危ないので、周囲をルーターで軽く研磨します。

ガラスカットは、しばらく続きます。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

ステンドグラス「緑のシンフォニー」のガラスカット開始

ピース総数800、気の遠くなるような緻密なステンドグラスが始まりました。ピース数が多いと、出来上がった時の迫力が違いますので、仕上がりが楽しみです。ちなみに、サイズは横60cm×縦120cmです。

作品の題は「緑のシンフォニー」。樹木を見上げた時の葉の広がりと、木漏れ日を表現しています。下の方には、遠景で古城の屋根が見えます。

型紙の色は、実際のガラスの色とは異なります。境界が分かり易いように、派手目の彩色ですので。実際は、題にあるように、数色の緑が織りなすシンフォニーです。

型紙です。ちょっと見ると、模様のようです。

型紙です。ちょっと見ると、模様のようです。

細かく切り刻んだ型紙を、例によってガラス上に並べています。

葉っぱのガラス

葉っぱのガラス

幹のガラス

樹木の幹のガラス

別件ですが、先達て完成した「やまぶどう」は、施主様ご提供の額縁に無事収まりました。

額縁に収まった「やまぶどう」

額縁に収まった「やまぶどう」

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

和風ステンドグラス「やまぶどう」はもうすぐ完成します。

結構大判のこのステンドグラス、デザインを始めて1ヶ月、いよいよ最終の組み立て段階です。

ガラスピースの縁に巻いてる銅テープ(銅箔)にペーストフラックスを塗り、溶けたハンダを流し込んでロウ付けしていきます。

ハンダで、仮止めをしています。

ハンダで、仮止めをしています。

仕上げハンダの済んだ部分です。この時点では、ハンダは銀色です

仕上げハンダの済んだ部分です。この時点では、ハンダは銀色です

表裏、両面の仕上げハンダが終われば、洗浄→ハンダの黒染めです。黒染は、亜セレン酸を主原料にした薬品で行います。

黒染めも終わり、最終の洗浄です

黒染めも終わり、最終の洗浄です

銀色だったハンダが黒くなり、しまります。

和風ステンドグラス「やまぶどう」は組み立て段階に入りました

ステンドグラスを作っていて、最もわくわくする瞬間、それは台紙上にピースを並べる時です。

ガラスピースを切り出し、研磨して、縁に銅テープを巻く。これが終わって初めてジグソーパズルの開始です。

まず大きなクリアガラスのピースから並べていきます

まず大きなクリアガラスのピースから並べていきます

次に、枝に相当するグレーのガラスです。

次に、枝に相当するグレーのガラスです。

個々のガラスピースは、指定の枠よりほんの少し小さく作ってあるので、ピース同士がぶつかることはありません。

ブドウの実のピースは、紫できれいです

ブドウの実のピースは、紫できれいです

だんだん込み合ってきたので、ピンセットで微調整しながら置いていきます

だんだん込み合ってきたので、ピンセットで微調整しながら置いていきます

600ピース、全部並び終えれば、明日からハンダ付けです。

全容は...思っていた通りの眺めになりました

全容は...思っていた通りの眺めになりました

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

和風ステンドグラス「やまぶどう」は、ガラスカット中です

ステンドグラス作りでは、60cm×45cmほどのガラス板からガラスピースを切り出します。型紙を置いて油性マジックで縁の線を写し取り、オイルカッターで傷を着けて、プライヤーで折り取ります。

ガラスカッターとプライヤーを使って、

ガラスカッターとプライヤーを使って、ブドウの実のガラスピースを1個1個切り出していきます

ヴァイオレットのガラス板からは、やまぶどうの実が、ぽつりぽつり切り出されていきます。来る日も来る日も。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

要らぬ猫の手を借りてステンドグラス作り

和風ステンドグラス「やまぶどう」は、刻んだ型紙をガラス上に載せて、パターン取りする段階に入っています。お裁縫と同じで、経済的かつ切りやすい位置に型紙を並べていきます。中にフィブロイドと言うヘアラインのテクスチャが入っているガラスがあるのですが、これは型紙の向きも正確に水平に揃えないといけないので、なお難しいです。

クリアのガラスの上に、「背景部分」に相当するピースを配置しています。

クリアのガラスの上に、「背景部分」に相当するピースを配置しています。

この作業は、傍からは簡単に見えるらしく、子供たちも乱入してきて「私たちも手伝うー」の大合唱。「1ピースたりとも型紙を無くすなよ」と言い、あとは好きなようにさせておきます。

子供たちが、見よう見まねで、型紙を並べてくれます。

ブドウの実のガラスは紫できれいです。子供たちが、見よう見まねで、型紙を並べてくれます。隙間だらけで、ものすごく不経済!な配置。

ありがた迷惑なお手伝い

毎度ありがた迷惑なお手伝い

子供たちが去った後、大人が一から並べ直したのは、言うまでもありません。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

和風ステンドグラス「やまぶどう」の型紙を作っています

横60cm×縦120cmの大判のステンドグラスの制作を開始しました。ご注文主様は、マンションの屋内開口に取り付けられるそうです。建築デザインを担当しておられる埼玉の建築士さんも、このステンドグラスが合うように「しつらえ」を工夫して下さるようですので、そちらも楽しみです。

原画は例によって墨画で描きました。

原画は例によって墨画で描きました。(福田 筆)

山葡萄と言うと、実はもう少し青っぽいと思うのですが、墨画では紫で描きました。また、実の数も増やして、少し豊かな感じにしました。蔓物は、画面構成に自由度があり、また細かい蔓で動きを表現できるので、好きなモチーフです。

型紙は、この墨画をライトボックスの上で、方眼紙にトレースしながら描きました。

方眼紙に描かれた型紙(縮小版)

方眼紙に描かれた型紙(縮小版)

この縮小版型紙をコンビニに持って行き、拡大コピーして、実寸大型紙を作ります。

A3版のコピーを綺麗に貼りあわせて、60cm×120cmの型紙を作ります

A3版のコピー10枚を貼りあわせて、60cm×120cmの型紙を作ります

完成時に周囲を補強する真鍮枠の線を描きこめば、ひとまず完成です。

ガラスを切るときに、今度は各ピースに切り分けます。この作品は全550ピースです。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

水墨画でステンドグラスの原画を描いています

今月頭まで、ステンドグラスのご依頼制作が続きましたが、今、小休止です。

今日は数日ぶりに、またデザインのお仕事です。林の中で、上を見上げた時の葉と葉のモザイク模様、そして隙間から覗く木漏れ日を絵にしようと思っています。

墨画風に描いていますが、墨の部分はわずかで、緑がいっぱいです。

墨画風に描いていますが、墨の部分はわずかで、緑がいっぱいです。

以前から、描きたかったモチーフで、素材のための写真も撮っていました。群馬県館林市にある群馬県立美術館の庭です。桂の林から見上げた景色が素晴らしかったです。

館林市の群馬県立美術館にて、「桂の木漏れ日」

館林市の群馬県立美術館にて、「桂の木漏れ日」

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村