フュージング画「湘南の風景」は、最終絵付け

グリザイユの絵付けは、一度焼成すると剥がすことが出来ないので、少しずつ慎重に進められます。

江ノ島の描き込みは、ほぼ陰の状態

江ノ島の描き込みは、ほぼ陰の状態

江ノ島には、旧灯台を描きました。この作品の元になるスケッチが、もう20年以上前のものなので、灯台は、周囲に階段が設けられた懐かしい旧バージョンです。と言っても、小さくて分かりづらいですが。

最後の焼成です。波も、ステンドグラスのように、比較的クッキリ入れました。

最後の焼成です。波も、ステンドグラスのように、比較的クッキリ入れました。

この焼成が、10数回目になります。これが終わると、額縁を作って完成です。

フュージング画「湘南の風景」は、グリザイユ絵付けが始まりました

色ガラスによる「色付け」は完了し、グリザイユによる細かい描き込みに入っています。

グリザイユは、黒い金属粉でできた顔料で、これを水で溶いて、絵具代わりにします。細筆や幅の広いハケを使って、景色を描きます。遠景は、黒っぽい陰のように、近景は車や海岸線の擁壁、樹木を念入りに描きます。

グリザイユで遠い山なみに陰影を付けているところ

グリザイユで遠い山なみに陰影を付けているところ

1回目の描き込みが完了

1回目の描き込みが完了

グリザイユも、温度は少し低めの740℃ですが、焼成して定着させます。そして、少しずつ塗り重ねて趣のある絵に仕上げていきます。

フュージング画「湘南の風景」は、色かさねの焼成が続いています

2回の色ガラスフリットの焼成が終わったところです。

写真は3回目の、フリット載せの様子です。広範囲に載せるのではなく、ピンポイントで補色などを載せていきます。

このフュージング画は、近くで見ると数色のガラスの粒が隣り合っていても、遠くから見るとそれらの色が混ざり合って見える効果を狙っています。テレビの画面を間近で見ると、RGBのピクセルが肉眼で識別できるのに似ています。

少しずる異なる色のフリットを載せていきます

少しずる異なる色のフリットを載せていきます

海の青い部分だけでも、ターコイズブルー、コバルトブルー、ヴァイオレット、ライトピンク、グラスグリーンが載っています。

これから4回目の焼成です

これから3回目の焼成です

色載せは、もうしばらく続きます。

フュージング画「湘南の風景」の制作がスタートしました

神奈川県の湘南といえば、小学6年生まで住んでいた、思い出の場所です。

藤沢市の辻堂団地と言う、海岸まで歩いて15分くらいの所に住んでいました。土日ともなれば、海岸沿いのサイクリングコースを使って、東は江ノ島、西は相模川河口の柳島まで、子供たちだけで遊びに行っていたものです。帰ってくる時は、日がとっぷりと暮れていました。当時の親世代は、子供を信じていたというか、呑気と言うか、今では考えられないほど、放任でしたね。

さて、フュージング画のご依頼で、湘南地方=稲村ケ崎から西をのぞんだ風景画を制作しています。

1回目のガラスフリット載せです

1回目のガラスフリット載せです

ベースガラスの上に、ザラメ状の硝子粒(フリット)の載せて、絵にしていきます。第1回目の焼成ですので、画面全体に主となる色を載せます。

1回目の焼成です

1回目の焼成です

約1日かけて、1回目の焼成です。黄色やオレンジ、ピンクなどのフリットも燃せているのですが、焼成前は色がありません。

焼きあがった後、発色具合とバランスを見ながら、約12色のガラスフリットを使って複雑に色付けしていきます。恐らく20回程度の焼成で、まとまると思います。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

フュージング画「桜と富士」は、額縁を作っています

フュージング画本体は出来上がり、木製額縁を作っています。

木材をカットして、ほぞの場所を確認

木材をカットして、ほぞの場所を確認

ガラスの良さを出すために、4方全部を囲むのではなく、両サイドは、ガラスのエッジを露出させています。

ガラスの横と額縁との間には隙間があります。

ガラスの横と額縁との間には隙間があります。

塗装も終わり、はめ込みました

塗装も終わり、はめ込みました

耐久テストが終わったら、出荷です。

今日は、遠く和歌山県からHさんが、デザインの勉強に来られています。今日と明日の二日間で、パターン制作までを学ばれていく予定です。

和歌山のHさん、デザインの勉強として、今、ランと、シクラメンの写生をしています。

和歌山のHさん、デザインの勉強として、今、ランと、シクラメンの写生をしています。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

フュージング画「桜と富士」は、グリザイユ絵付け段階です

フュージング画の良さは、ガラスの溶着が何度でもできるということです。ただ、一度、くっついてしまったガラスは、基本的には剥がせないので、少しずつ様子を見ながら、重ねていくことになります。

3、4回目の焼成は、ガラスパウダーを、茶こしで振り掛けて、うっすらと広範囲に着色しました。

5回目の焼成直前。

4回目の焼成直前。山なみの部分が白っぽいのは、ガラスパウダーが振り掛けてあるからです。

5回目の焼成で、ガラスパウダーの被せは終わりです。

これから5回目の焼成です。

右下の街並みの部分に青のガラスパウダー、空にもターコイズブルーのパウダーを振り掛けて、これから5回目の焼成です。

「フュージング画」は、フュージング+画です。ここまでの焼成は「フュージング」でしたが、これからはグリザイユ絵付けによる「画」の段階です。

山なみに、グリザイユで陰影を付けていきます。

山なみに、グリザイユで陰影を付けていきます。

グリザイユは、ステンドグラス用の伝統的な顔料で、基本色は黒かこげ茶色です。恐らく主原料は酸化鉄の粉です。これを水で溶いて、和筆で絵付けします。

桜の幹の部分は、紫のガラスですが、ここにもグリザイユで影を付けます。

桜の幹の部分は、紫のガラスですが、ここにもグリザイユで影を付けます。

次に、グリザイユも焼成することで、ガラスに定着させます。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

保存

保存

フュージング画「桜と富士山」は2回目の焼成が終わりました

大きなベースガラスに、下絵に合わせながら色ガラスの粉を載せていきます。1回に少しずつのせて、ステップを踏んで焼成していきます。

現在、2回目の焼成が終わり、全体の色調が見えてきました。

2回目の焼成後の様子

2回目の焼成後の様子

ガラス粉は、一度に大面積に載せると、熱伝導率に歪が出来て割れてしまいます。ですので、慎重に載せています。

保存

保存

フュージング画(無鉛ステンドグラス)「桜と富士山」のデザイン画を描きました

2017年最初のご注文、「桜と富士山」の制作に入っています。フュージング画ですので、原画(水墨画)の雰囲気を、かなり忠実にガラス化できます。ステンドグラスではどうしてもリアリティに欠ける風景画も、フュージング画ですと落ち着いたいい感じに仕上がります。

「桜と富士山」を墨と絵具で描いています。

「桜と富士山」を墨と絵具で描いています。

この富士山と桜の同居画面は、私の創作ですが、山並みは山梨県側から見たものを想定しています。この後、鷹を飛ばして、画面に少し動きを加えたいと思います。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

保存

大判フュージング画の試作を続けています

昨年は、ふるさと納税返礼品の絵皿を中心に、フュージング画関係の制作をしていましたが、今年に入って、大判の制作をしています。ガラスフリットと言う、ザラメ状のガラス粉を使って大判でどの程度の効果が出るのか検証中です。

色によっては、この段階では透明で、加熱後発色するものがあるので、実際にどれだけカラフルになうのかは、ここでは想像するしかありません。

焼成すると鮮やかな色を呈します

1日かけて、焼成すると鮮やかな色を呈します

そして、またフリットを載せて、色に深みを出します。数回繰り返すと、きれいな絵になるはずです。

2度目のフリット撒き

2度目のフリット撒き。左手に持っているのが、黄色のガラス。スプーンで少しずつ置いていきます。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村

フュージング画「ストレリチア」の制作を始めました

ストレリチア(極楽鳥花)の鉢が4つあるのですが、今年はそのうち一つが花を付けました。昨年の秋ごろ花芽が出てきて、今年3月になってやっと開花です。昨年に引き続き、豪華な花を見せてくれています。

今年もストレリチア(極楽鳥花)が咲きました

今年もストレリチア(極楽鳥花)が咲きました

この花は、本当に見飽きません。複雑で、華麗な形です。オレンジの花弁3枚とブルーのしべ1本が一組になって、1個の花です。これが、苞の中に5~6個入っていて、順繰りに出てきます。

まさに鳥のような花です

まさに鳥のような花です。この写真では、2個目の花が出てきている途中です。

和名は極楽鳥花ですが、よく見ると人のようでもあります。まるで花の妖精が体をそらして生まれてくるようです。そこで、この「妖精」を題材にして、フュージング画の作品をつくることにしました。以前は、ステンドグラスで作ったのですが、今回は大判のフュージング画です。しかも、色彩豊かにやってみようと思います。

ベースガラスの上に、ガラスフリットを置いていきます。

ベースガラスの上に、ガラスフリットを置いていきます。

この技法、ガラスフリットを大量に消費するので、結構出費も多いです。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。
にほんブログ村 美術ブログ ガラス工芸へにほんブログ村