ヴァティカンを巡ってきました

イタリア美術めぐりの締めくくりは、ローマ市内にあるヴァティカン市国です。目玉はサン・ピエトロ大聖堂とヴァティカン博物館ですね。ローマ在住の彫刻家、松岡さんに案内していただきました。

まず地下鉄オッタヴィアーノ駅から城壁沿いに歩いて、ヴァティカン博物館の入口へ。日本で予約を取っておいたので、ほぼ待たずに入場。ヴァティカン博物館は、小分けされた多数の美術館・博物館総体の名称で、内部は絵画館やエジプト美術館、タペストリーギャラリーなど色々な美術館があります。

ヴァチカン博物館入ってすぐの展示室

ヴァティカン博物館入ってすぐの展示室

天井画も圧巻の博物館内。

天井画も圧巻の博物館内。それにしても、観光客でごった返しています。

全体で、相当な距離を歩くので、仲間同士、はぐれないようにするのが大変です。

ラファエッロの間にある「アテネの学堂」

ラファエッロの間にある「アテネの学堂」

美術館の規模としては、フィレンツェのウィフィッティ美術館ほどのような気がしますが、美術品の種類が豊富です。タペストリーや中世の地図などの専門室があります。

窓から、サンピエトロ大聖堂のキューポラをのぞむ

窓から、サンピエトロ大聖堂のキューポラをのぞむ

ラファエッロの「キリストの変容」

絵画館のラファエッロ「キリストの変容」

前にも書きましたが、このヴァティカン美術館も写真撮影可です。ですが、唯一、システィーナ礼拝堂だけは禁止でした。ここには有名は「アダムの創造」が掲げられているのですが、それは肉眼で見るのみです。

ヴァティカン裏庭の景色もきれいです

ヴァティカン裏庭の景色もきれいです

博物館を概ね観終わり、博物館内のわりと粗末なビュッフェで、パニーニを食べ、昼食としました。その後、システィーナ礼拝堂に移動しました。最初に、8ユーロ払って(半分がエレベータ利用コース)、キューポラの頂上に上がりました。

キューポラに上がる狭い階段

キューポラに上がる狭い階段

キューポラ頂上の展望台から見下ろすヴァティカンとローマ市内

キューポラ頂上の展望台から見下ろすサン・ピエトロ広場とローマ市内

キューポラから見下ろすローマ市内は、圧巻でした。昨日廻った名所も、ところどころ黙視できます。しかし、記録的な熱波と言うイタリア、焼けつくような暑さです。

サン・ピエトロ大聖堂内部は、言葉を失うスケールです

サン・ピエトロ大聖堂内部は、言葉を失うスケールです

この高い天井、どうやって作ったんだ!って感じです。

この高い天井、どうやって作ったんだ!って感じです。見えないくらい細密に絵も描いてあるし。

しかし、サン・ピエトロ大聖堂は、その規模と贅沢さが桁違いです。ステンドグラスこそ入っていませんが、壁や天井の絵画や彫刻が、どれ一つとっても第1級芸術ですよ。

ミケランジェロの「ピエタ」

ミケランジェロの「ピエタ」

午後3時ごろ外に出て、ちょうど衛兵の交代を目撃して、ヴァティカンを後にしました。ブティックでお土産を買い、一旦ホテルに。

衛兵の交代。スイス人の衛兵だそうです。

衛兵の交代。スイス人の衛兵だそうです。

夜はまたパスタ。豪華でした。

オマールエビのパスタ

オマールエビのパスタ。いろいろ食べて41ユーロ(1ユーロ129円)

大忙しで、ローマ2日目も終わりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA