フュージング画「湘南の風景」は、最終絵付け

グリザイユの絵付けは、一度焼成すると剥がすことが出来ないので、少しずつ慎重に進められます。

江ノ島の描き込みは、ほぼ陰の状態

江ノ島の描き込みは、ほぼ陰の状態

江ノ島には、旧灯台を描きました。この作品の元になるスケッチが、もう20年以上前のものなので、灯台は、周囲に階段が設けられた懐かしい旧バージョンです。と言っても、小さくて分かりづらいですが。

最後の焼成です。波も、ステンドグラスのように、比較的クッキリ入れました。

最後の焼成です。波も、ステンドグラスのように、比較的クッキリ入れました。

この焼成が、10数回目になります。これが終わると、額縁を作って完成です。

フュージング画「湘南の風景」は、グリザイユ絵付けが始まりました

色ガラスによる「色付け」は完了し、グリザイユによる細かい描き込みに入っています。

グリザイユは、黒い金属粉でできた顔料で、これを水で溶いて、絵具代わりにします。細筆や幅の広いハケを使って、景色を描きます。遠景は、黒っぽい陰のように、近景は車や海岸線の擁壁、樹木を念入りに描きます。

グリザイユで遠い山なみに陰影を付けているところ

グリザイユで遠い山なみに陰影を付けているところ

1回目の描き込みが完了

1回目の描き込みが完了

グリザイユも、温度は少し低めの740℃ですが、焼成して定着させます。そして、少しずつ塗り重ねて趣のある絵に仕上げていきます。

フュージング画「湘南の風景」は、色かさねの焼成が続いています

2回の色ガラスフリットの焼成が終わったところです。

写真は3回目の、フリット載せの様子です。広範囲に載せるのではなく、ピンポイントで補色などを載せていきます。

このフュージング画は、近くで見ると数色のガラスの粒が隣り合っていても、遠くから見るとそれらの色が混ざり合って見える効果を狙っています。テレビの画面を間近で見ると、RGBのピクセルが肉眼で識別できるのに似ています。

少しずる異なる色のフリットを載せていきます

少しずる異なる色のフリットを載せていきます

海の青い部分だけでも、ターコイズブルー、コバルトブルー、ヴァイオレット、ライトピンク、グラスグリーンが載っています。

これから4回目の焼成です

これから3回目の焼成です

色載せは、もうしばらく続きます。