ステンドグラス・フロアランプ「葡萄」制作を開始しました

板ガラスを窯で軟化させて曲面を作る「スランピング」という技法を用いて、ランプシェードを作っています。2個連続で作りますが、その1作目が「葡萄」です。モールドは円筒形に近い「虚無僧」と言われるものを使用します。

葡萄の葉は、大きめに切り、グリザイユで葉脈を大胆に描きこみます。

1枚の葉の大きさは15cmほどあります。一方、シェードのモールドの直径は25cmほどです。このままでは、モールド表面の曲面に貼り付けるのは不可能ですので、葉を曲面に加工します。電気窯に、変形用のセラミックモールドを入れ、その上に葉のガラスピースを載せます。

これで蓋をして約1時間。窯の中は650℃ほどになります。これで、ガラスは程よく軟化して、セラミック・モールドの形に添います。電源を切って約4時間。徐冷後に蓋を開けた様子が、下です。

この曲面に変形した葉を、シェードを組み立てるときの「虚無僧」に載せて見ます(下の写真)。どうです。ぴったりでしょ!このようにガラスを曲げる技法をスランピングといいます。スランピングを用いない場合は、ガラスピースをやたら細かくしないと、曲面をきれいに覆えませんが、スランピングを用いると、ピース数を抑えられて、デザインがすっきりします。

葡萄の葉を全部で6枚スランピングして曲面にしたら、次の段階に入ります。

 さて、平成24年も、今日が最後の日です。1年間、拙いブログをご覧下さいましてありがとうございました。来年も、このブログを通してステンドグラス制作者としての私の日常を、ご報告してまいりたいと思います。どうぞ皆様、良いお年をお迎えください。
ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA