ステンドグラス「青鷺(アオサギ)」を制作開始

 牛久沼の畔を車で走らせていると、四季折々、田んぼに数種のサギを見ることが出来ます。
 遠く飛んでいてもその翼の大きさと迫力が伝わるダイサギ。
 純白で、稲の緑と好コントラスト描くチュウサギ、コサギ。
 そして、グレーのグラデーションが美しいアオサギ。

 このアオサギを題材にステンドグラスを作ることにしました。デジタル一眼に望遠レンズを装着して、暑い中、取手市とつくばみらい市、つくば市の境界あたりに撮影に行ってきました。

アオサギは英語でグレー・ヘロン(Gray Heron)。確かに体全体は灰色ですが、うっすら青墨を流したような青味もあります。アオサギ...いい名前です。

今回は、リアリティーを追及します。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA