和風ステンドグラス「葡萄」の制作 その3:ガラスカットしてテープ巻き

 ステンドグラス「葡萄」の制作は、ガラスカットからテープ巻きまで同時進行で進んでいます。


パープルのガラスは、葡萄の実の部分


カットしたピースは、100円ショップで買ってきたコンテナに詰めていきます。


ルーターでエッジを研磨した後、銅のテープを巻いていきます。

 話は変わりますが、工房は夏の暑さ対策のため、南側にある2箇所(1階と2階のバルコニー)の掃き出し窓に、オーニングを設けました。平たく言えば、日除けのシートを付けました。

いい感じです。ここ2日ばかり、バルコニーに椅子とテーブルを持ち出して、このオーニングの下で風を感じながら昼食を取っています。

庭のプランター7個に、マリーゴールドの種を蒔いたのですが、うまい具合に芽が出ました。しかし、夜な夜な這い上がってくるナメクジに、1本また1本と食べられて徐々に株が減っていってしまいました。毎晩8時ごろに懐中電灯と割り箸を持って見回りをしていたのですが、焼け石に水なので、先日ナメクジ除けの薬を買ってきました。

プランターの中の白っぽい粉がそのナメクジ除けです。効果は上々です。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA