和風ステンドグラス「葡萄」の原画を描いています

 

和風ステンドグラスパネル「葡萄」の制作が始まりました。原画は、水墨画で描きました。

制作の工程の中で最も緊張し、また最も疲労するのが、原画描きです。ですので、1日使ってゆっくり、かつ、数多く描きます。その中から気に入ったものを数点選んで、注文主様に提示します。

今回正式に決まった絵は、下記のものです。果物の葡萄ではなく、山に自生している野趣のあるものをイメージしました。
ステンドに仕上がると、1枚のサイズがW50cm×H80cmで、間が約50cmあいて、2枚1組となります。

 話は変わりますが、障がい者施設への出張フュージング教室で取り組んできた大作が、またひとつ完成しました。題して「南瓜」です。下図は、焼成直前のパネルです。

今日、完成品をお渡ししてきました。

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA