ステンドグラス「ワルキューレ」の制作 ステップ1:型紙の制作中

  3枚組みのステンドグラス「ワルキューレ」の制作が始まりました。1枚のサイズは横504mm×縦2211mmで、3枚並ぶと横1.7m×縦2.2mの大作になります。


デザイン素描画
 題名の「ワルキューレ」は、ドイツ語でWalk?re (ヴァルキューレ、ヴァールキューレ)、英語でvalkyrie(ヴァルキリー)といいます。北欧神話に登場する9人一組の半神です。
 神話では戦いの勝者敗者を決める女神として登場する事が多く、天馬に乗って大空を駆け巡ります。異説も多く、怖いイメージで語られることも有りますが、ワーグナーの楽曲「ワルキューレ」の中では、美しい王女として登場します。昔から、芸術面では多くの場合、羽根の付いた兜をかぶり、槍を持って馬にまたがる美しい戦乙女の姿で表されます。
 この神話は北ヨーロッパ全体に広まっており、ドイツの中世の叙事詩「ニーベルンゲンの歌」では、ワルキューレの一人ブリュンヒルデが、イースラントの女王として登場し、ネーデルランドの王子ジークフリートと恋に落ちます。羽のはえた兜をかぶり、天馬グラーネに乗ります。ワーグナーの楽曲「ニーベルングの指輪」にも登場します。

 今回、資料を集めて、私なりの解釈で新しいワルキューレ像を描きました。

 型紙も長大で、いつもの作業台に板を継ぎ足して、使用しています。
 大部分が赤からオレンジ、黄色基調ですので、フランスはサンゴバン社の貴重なセレニウムカラーシリーズのアンティークガラスを、元板サイズで4枚ほど、惜しげもなく使っています。
 

ブログのランキングに参加しています。ぜひワン・クリックお願いします(励みになりますので)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA