和風ステンドグラス「蓮」 組み立て中

 
 夏をテーマにしたステンドグラス「蓮とアゲハチョウ」は、半田作業に入りました。
 写真は、テープを巻き終わったピースを、型紙上に並べているところです。

 同時進行で、秋をテーマにした「ナンキンハゼとタテハチョウ」もカットに入っています。
フランスのサンゴバン社製、セレニウムオレンジのアンティークガラスが美しいです。

 達風農園では、夏野菜の収穫が減り始めています。
 そんな中、実験的に1畝8mに蒔いた白小豆が収穫を迎えています。とは言っても、実は小さく、数も少ないです。
 白小豆は難しいと言われていますが、虫にも弱く、また生理的障害なのか、株に勢いがなく、豆の総収量は1合有るかないかです。

これじゃあ、饅頭にしたら10個分も無いかな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA