取材という名の散歩

 早春は芽吹きと花の季節です。
この時期しっかり取材して備えておけば、春の草花の制作をいつ依頼されてもOKです。
デジタル一眼に200mmのズームレンズを付け、スケッチブックも持って、近所を廻りました。
ちょうど、モクレン(白モクレン)の真っ盛りです。公園では、白い花が燃え立っています。モクレンはステンドグラスの画題にはもってこいなので、数枚スケッチしました。

紫モクレンは、もう少し暖かくなってから開花するのですが、珍しく咲いている木が有りました。もしかしたら、紫モクレンではなく、アレキサンドリアか、サラサモクレンという品種かもしれません。日本にあるモクレンの品種は、軽く10を超えますから、見分けるのが難しいです。

土手には名前がわからない薄紫の草花が咲き乱れていました。最近寒くて、朝は5度程度ですが、やはり季節は春ですね。

野鳥も多くなってきました。家のイチゴも、毎朝食い荒らされています。

さすが茨城、都心よりは寒いので、桜は咲いていません。あと、1週間というところでしょうか。

平日昼日中から、不審者のようにぶらぶらしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA