女神「アルテミス」ガラスカット中

アンティークガラス16種類を仕入れ、カットの真っ最中です。
今回は、グリザイユを焼き付けてからカットする(普通と逆)ピースが多いです。

ライトボックスの上で、バジャーという刷毛を使って、グリザイユを塗っています。

焼付けは、大型フラット電気窯で行います。ランバーツ社のガラスのハーフサイズが丸々入るので、便利です。

グリザイユを焼き付けてから、型紙にあわせて、1ピース1ピース切り分けていきます。この後、ルーターという研磨機械で、ガラスの周囲を研磨します。

ピースによっては、黒グリザイユで、立体感を持たせる陰付けを行います。

女神「アルテミス」ガラスカット中” への2件のコメント

  1. お疲れ様です。
    何だか大変な作業ですね。
    でも、こうやってブログを拝見できると
    福田様の気持ちが伝わってきます。実際
    に見るとまだ違って見えるのでしょうけ
    ど・・・!
    大切なものの一つになりそうです。
    よろしくお願いいたします。

  2. ゆうじ・かじわら さん こんにちは
    そして、ありがとうございます。
    着実に進んでおります。ご安心下さい。
    ガラスカットは、最も気持ちが開放されて、気持ちの良い作業です。もちろん、失敗しないように怪我しないように注意しながらですが、有る意味「無心」になれる時でもあります。
    苦しみぬくデザイン工程とは対照的です。でも、このデザイン工程が最も充実していることも確かですが。
    まだしばらくカットは続きます...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA