パピエ・ド・ヴェール「登竜門」

 パピエ・ド・ヴェール初の依頼作品、「登竜門」を制作中です。登竜門、平たく言えば、「鯉の滝のぼり」ですね。
 パピエの最大の特徴は、仕上げ段階で自由なタッチで墨画することにあり、フュージングと異なる点でもあります。また他にもいくつか技術上のルールがあります(詳述しませんが)。
 さて、登竜門...ステンドでは表現できない、ガラスを多層化することによる幻想的な2重絵を狙っています。うまく行ったような行かないような、ですが、近くで観たり、遠くから観たり、反射光で観たり、透過光で観たりで、少しずつ異なる表情を見せます。額に入った時点で、また披露させていただきます。

8月30日、額縁も完成しました。スタンドつきの豪華版です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA