晩春の美術館めぐり

 今日は楽しい美術館めぐりです。
 最初は、千鳥ヶ淵の山種美術館。地下鉄半蔵門線を降りて約10分。ですが、途中の寿司屋でお得なランチを食べてからゆっくり到着。先だって、NHKで採り上げられていただけあって、そこそこ混雑していました。

 今、開館40周年「名品選」をやっており、教科書やポスターで見たことあるような日本画の「名品」がずらりと展示してあります。
 一言「本物の迫力はちがう」という感想です。大好きな酒井抱一や東山魁夷をはじめ、今回はじめて知った奥村土牛、竹内栖鳳、速水御舟など、今までなんでもっと勉強しなかったのだろうと後悔するすばらしい画家たちに出会えました。何度も同じ絵を見に、順路を逆周りなどして、しっかり目に焼き付けてきました。
 この展覧会、6月3日までが「前半」で、6日から展示物が入れ替わり「後半」になります。

 近くの千鳥ヶ淵緑道を散歩して、九段下に向かっています。

 次にやってきたのが渋谷。

 Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の「モディリアーニと妻ジャンヌの物語展」。
エコールドパリの代表選手で日本女性にファンが多いモディリアーニだけあって、こちらも平日とは思えない混雑。

 モディリアーニの独特な存在感ある肖像画に混じって、若き不幸の妻ジャンヌの描いた素描などあり、二人の心の動きを絵画を通して垣間見るという企画としては面白かったです。しかし、モディリアーニの絵をたくさん見たい人には少し物足りないでしょう。
 しかし、彼らが活躍していたヨーロッパ(パリ)は、ちょうど第一次世界大戦の真っ只中。モディリアーニは能天気に絵など描いていて良かったのでしょうか。

女神「アテナとニケ」:組立て開始

<5月15日>
 神社の例大祭を明後日に控え、今日、参進の練習をしてきました。参進とは、祭員と役員が列を成して拝殿に向かうことです。歩を進めるにも、細々と作法があります。
 さて、女神作品の1個目が、組立てに入っています。三枚一組のパネルのうち小さい2枚から始めています。

<5月22日>
 大物、3枚目に突入です。

<5月27日>
 ついに完成しました。気になる全容は...
達風サイトの「Gallery→人物パネル」のコーナーでご覧になってください。

京都からステンド研修

 遠く京都からHさんが、5日間の予定でステンド講習を受けに来られています。受けられるのは、ステンド教室の「短期決戦コース」の特別メニューです。
 Hさんは、このほど会社務めを辞めて、京都で家具のリメイク事業を起こすそうです。そのリメイクとは、古いけど作りの良い地元の家具に、ガラスや鉄、その他のマテリアルで新しい細工を施し、新しい価値を付加して販売するものだそうです。会社の名前は「リメイク工房shimaco」。その、事業を女性の細腕1本で、しかもなんの後ろ盾もなく起こすと言うのですから驚きです。
 今回は、ステンドグラスにお留まらず、事業に関係しそうなガラスに関する多くに知識を身に付けるために来られました。まあ、どこまで教えて差し上げられるかわかりませんが、短い期間にめいっぱい詰め込みたいと思います。
 <5月21日>
1日目は、ガラスの基礎知識の後、ステンド小パネルを作っています。

 <5月22日>
2日目にして、小パネル(フォトスタンド)が完成です。曲線カットとコパーテープ技法の基礎を学んでもらいました。明日からは、リメイク工房で実際に使うパネルを制作します。

 <5月23日>
3日目。今日はHさんは、フュージングと別のステンドパネルに挑戦しています。
 お昼は、近くの公園でランチしました。

<5月24日>
4日目。午前中は近くにあるカガミクリスタルの工場見学。ここは、有名なクリスタルガラスの工場で、宙吹きや切子の製作過程が説明付きで見られます。
 お昼は、市内若柴にある田舎庵で手打ち蕎麦を食べました。

Hさんは昨日に引き続き、パネルの制作です。

夜は、フランスパンを焼いて、フランス料理パーティー。近くに住むRさんも来てくれました。

<5月25日>
5日目。あっというまに最終日です。今日は、ランプシェードを制作。5日間で4個の作品を完成させて帰っていったHさんのパワーと実行力に脱帽です。
 5日間お疲れ様でした。新しくチャレンジする事業もきっと成功すると信じています。

石楠花のパネル完成間近

GWがあけて、初夏のような陽気ですね。
FMを聴きながら、作業に没頭できる日常が帰ってきて、嬉しいです。
リピーターのお客様からのご注文です。今回は事務所に設置されるパネル。
サイズはさほど大きくありませんが、原画(デザイン)段階で気合が入りすぎて、ものすごく細かいです。


<5/10>
完成しました。よろしければ、達風サイトのギャラリー→自然パネルでご覧下さい。