お寺の霊廟ステンド:完成

 ここ数日、夏日になったり、最高気温10度そこそこだったり、ジェットコースター陽気ですね。
 ダル・ド・ヴェールのパネル3枚が完成しました。全部で37Kgです。型から外してみたら、エポキシが裏側でガラス面に染み出していたので、ハンドリューターを使って、1日かけて削り取りました。
 とにかく重いので、ひっくり返すだけでも一苦労です。
 ガラスの角が欠けないように透明のエポキシでコーティングして完成しました。後は、石屋さんに納品して、霊廟に組み込んでもらいます。

お寺の霊廟ステンド:完成” への4件のコメント

  1. お疲れ様でした。
    また、作品の幅が広がったんじゃないですか?
    これからも、幅を広げてください。
    良い評価を得られますよう、祈ってます。

  2. chigifutoshiさん、ありがとうございます。
    ダル・ド・ヴェールは大胆に作業が出き、また偶然できるガラスブロックの形が面白いので、従来の緻密な計画絵画ともいえるステンドとは、まったく異なるカテゴリーの工芸に思えます。
    今月19日に、石屋さんと組立作業をするので、私も仕上がりが楽しみです。

  3. お疲れ様でした。
    私には想像出来ない作品をみるとほんと すごい!
    と・・・
    力強く重厚感があって芸術ですよ。
    取り付け終わった後の画像もよろしくです。

  4. 更紗さん、こんにちは。
    ダル・ド・ヴェールはその重量感と迫力とは裏腹に、女性作家が多い工芸分野なんですよね。
    是非、お試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA