女神像「アテナとニケ」型紙制作中

 女神2連作のうち、最初にご注文頂いた「アテナとニケ」の原画が完成し、今はカット用型紙を制作しています。「アテナ~」は、3枚1組の大作で、制作期間3ヶ月を予定しています。
 下図は、3枚のうち中央の絵の、原寸大型紙と、原画(カラーの絵)です。

 例によって、細かいです。

女神像のデザイン中

 2月半ばで花粉症です。といっても、今のところ軽いので、薬は飲んでいません。気のせいかもしれませんが、自家製ヨーグルトを食べるようになった数年前から、症状が軽いです。
 ギリシャ神話に取材する女神像を2作並行して進めています。ラフデザインは両方とも完了し、今は1作目の詳細デザイン中です。
 資料の本は、中学生のときからの愛読書達と、ギリシャ旅行中に求めた日本語版の本です。

 レディ・ゴディバ以来の女性像ですので、気合が入ります。

「青龍」洗浄工程→完成

 1月30日
 今日は温かいです。そして、朝ランニングしているとき目がしょぼしょぼしました。杉花粉でしょうか。
 「青龍」も仕上がり間近です。今日は、特性プールで洗浄と黒染め。その後はパテ詰めと乾燥。パテが固まれば出荷できます。

 2月5日
 ついに「青龍」が完成しました。木箱に詰めて出荷しました。
完成写真は、Galleryのメルヘンパネルのコーナーでご覧下さい。

国立新美術館に行く

 今日より昨日、昨日より一昨日が温かくて、外出には適していたと思う。のですが、今日やっと、六本木にオープンした国立新美術館に行ってきました。晴れていはいましたが、風が冷たかったです。
 駅は、地下鉄乃木坂駅が近いです。この駅から建物内部へは直通です。片面は総ガラス張りで、明るいです。

 今日見た展示物は、オープン記念でもある「日本の表現力」というものです。アート作品も有りましたが、どちらかと言うと漫画やアニメ、TV、おもちゃなどの戦後サブカルチャーの変遷というものに力が入っていました。そんな中で、手で触れられるディジタルアートが面白かったです。カラフルで綺麗だし、理屈抜きで楽しめました。

 美術館のファサード(表)はこんな感じです。展示物を観終わってから眺めました。巨大なガラスの曲面が素敵です。

 この後、まだ行ったことがなかった六本木ヒルズに足を伸ばしました。工房ではFMラジオのJ-WAVEが常に流れているので、その局があるモリタワーに行ってみたかったんです。

 モリタワーはとても高かったのですが、いわゆるヒルズのショッピングエリアは思っていたより狭かったです。レストランなど眺めながらぶらぶらしました。愛用している時計のブランドDIESELのショップにも寄りましたが、他に特別面白いものには出会えませんでした。
 ちょうど金曜日の午後と言うことで、「e-station gold」という番組を、けやき坂スタジオでやっていました。スタジオの中には、ナビゲーターのみんしる姉さんと渡辺祐さんが確かに居るはずなんですが、中が覗けません。スタジオ外のモニターテレビでオンエアーの様子が見られ、少し満足しました。
 人通りが切れたタイミングで、スタジオの写真は撮ってきました。恥ずかしかったです。おのぼりさんとは、私達のことです。