マロニエのパネル開始

 屋内扉に付けるパネル「マロニエ」がスタートしました。
 マロニエといえば大きな街路樹が思い出されますが、実際どんな木だったか、というとほとんど思い出せません。マロニエの和名はセイヨウトチノキです。日本に自生するトチノキに良く似ています。種子をすりつぶしてトチ餅をつくるあのトチノキです。
 マロニエの葉は、小葉5~7枚が放射状に結合して、1枚の葉となす掌状複葉で、絵にすると面白いです。また普通の植物は枝の先に行くほど葉は小さくなりますが、マロニエは逆に先端にいくほど大きくなります。
 花は普通は白く、円錐状にかたまって咲きます。今回は、ピンクの紅花トチノキをモデルにしました。
 写真右は墨画の原画、左が型紙です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA