ルノー5TURBO取り付け

 今日、千葉県K様邸に助川工務店さんといっしょに、ステンドパネルを取り付けに行ってきました。今回は今までにやったことのない車のデザインで、内心びくびくで持って行きました。大の車好きのお客様に、どれだけご納得いただけるのか、皆目見当がつかなかったからです。
 でも、蓋を開けてみれば、たいそう気に入っていただけたようで、ほっとしました。
 ただ、奥様とお嬢様は、車でなくても・・・といった感じでした。
 今日も、改めて思ったのですが、折角オーダーメイドのステンドグラスを入れるのですから、今回のように世界に一つだけの個性的なものをご所望されることをお勧めしたいです。

マールな夕べ

アルザスのマールが、それも樽熟成でない、ステンレス醸造のすっきり透明なマールが欲しい...と、ネットで探し続けていて、ついにみつけました。ところで、マール(Marc)とは、ワインを作る時にできる葡萄の絞りカスを発酵させて作るブランデーのことです。フランスではマール、イタリアではグラッパと言います。
アルザスは、フランス東部のドイツ国境の地域ですが、私はここのマールが特別好きです。高級フレンチを食べた後、食後酒として必ず指定しますが、いかんせん高くつく!と言う以前に、高級フレンチレストランなんて、滅多に行けるモンじゃない!!なので、サイトからの通販。見つけてすぐ、「買い物かごへ」をクリックです。
前置きが長くなりましたが、今日それが着いたんです。「マール・カステルベルグ・リースリング」3,780円安い!縦長のお洒落なビンに、グレーのシックなラベル。お酒自体もほぼ無色透明。焼酎のようです。
ちなみに写真右下の白い物体は、昨日来られた施主様のお土産、フランス産カマンヴェールチーズです。フランス付いています。

たまたま遊びに来ていた友人某と、昼日中から試飲
   うまい!
うま過ぎます。樽熟成じゃないから、独特の芳香はないですが、その分豊かで案外パンチの効いた味が際立つ。
で、夕食後も本飲

実は送料がもったいないので、もう1本、アルザスのマールを買いました。
「マスネ・マール・ダルザス・ゲヴュルツトラミネール」3,380円
中に葡萄の房が入っています。どうやって入れたのかは、すぐにわかりましたが、内緒です。

で、後ろのラベルに変なことが書いてあります。お菓子作りにしか使えないの?えっ、呑んじゃダメですか??
購入した酒屋にメールで問い合わせたら、「これはですね、通関の都合上、こう表記していますが、当然飲めますよ」とのこと。良かったです。パンは焼いても、ケーキを焼く趣味は今のところ無いですから。

マールの夕べを、一人ちびりちびりやっていたら
ピンポ~ン
昼に来た友人某が、シングルモルト「グレンフィディック12年」を持って再登場。

「これで一杯やりましょう」
「はい、遠慮無く」

当工房は、日本酒、ワインだけでなく40度以上のアルコールも充実しつつあります。

デザイン最終打ち合わせ

 施主様と、リフォーム会社のプランナーさんがわざわざ埼玉から来房して下さり、デザインの最終打ち合わせをしました。原画と型紙のチェック、ガラスの確認です。
 打ち合わせをしながら、サンドイッチを作ってワインと一緒に食しました。
 打ち合わせの度に感じる事ですが、新築にしても、リフォームにしても、施主様各様のこだわりがあり、「暮らす」と言うことの重要性を感じます。最近多いのが、キーワード「LOHAS」と「スローライフ」に代表される、ナチュラルでエコ志向のライフスタイルです。ステンドグラスにも、さりげなく自己主張できるデザインが求められています。

大判石楠花パネルの原画作成

 昨日は、神社の夏祭り(の出し物)に向けてのヨサコイ練習。恐らく1日あけて明日は筋肉痛です。
 昨日今日とシトシト雨、なにより涼しくて気持ちよいです。朝から墨を磨って、墨画描き。ここ1ヶ月バタバタでしたから、ゆっくり絵を描ける時間はありがたいです。
 石楠花の墨画風ステンドも、もう3回目。10年前に室生寺でスケッチした石楠花が一番印象深く、今回もそのスケッチブックを広げて、枝振りを創造しました。

ルノー5TURBO ガラスカット

 梅雨が明けないですね。陽が出ていないのに、じめじめ30度超は、きついです。
 で、ルノー5TURBOとは、フランスの車です。小さいけどラリー仕様でかっこいい車です。前の作品が、昨日納品で一段落しましたので、車のステンドに本格的に取りかかりました。
 あーでも、海に行きたい。日帰りエリアを、サイトで検索しよう...

カッテージチーズ

 載せられない仕事は、相変わらず順調です。
 ところで、うちではここ数年、自家製ヨーグルトを作っては毎朝食べているのですが、今日は珍しく作り損ね、豆腐のようにぼろぼろの物体ができてしまいました。途中で動かしたのが悪かったようです。
 でもこれを見た客Aが「カッテージチーズだ!」というので、食べてみたら、あら不思議、あっさりとした無塩の(当然)チーズです。
 ということで、この物体をガーゼに取り、大量の乳清(透明の部分)を絞り出し、本物のカッテージチーズにしてしまいました。写真中央のものが、出来立てのチーズです。
 で、客Aとこのチーズを使って、実験室のように、おつまみを数種作りました。①チーズとスライスオニオン、鰹節を麺つゆで和えたもの、②ツナとマヨネーズとチーズを混ぜて、ピーマンに載せオーブントースターで焼いたもの。③チーズを自家製ドイツパンに載せたカナッペ。
 当然、ワインがすすみました。(また失敗しないかなア...)