ガラスに陰影を絵付け

今回使っているガラスは全てトランスペアレント(透明)ガラスですが、場所によっては、微妙な陰影を付けたくなります。あまりごてごて描き込むと画面が重たくなってしまうので、ひかえめに淡い陰影を付けました。使っているのはグリザイユというステンドグラス専用の顔料で、今回は白色とブルーを用いました。普通グリザイユといえば黒か茶色ですが、今回はあくまで「ひかえめ」にしたかったので、この色にしました。ライトボックスの上で、1枚1枚丁寧に塗り、バジャーという大きな刷毛でのばしていきます。この後、電気釜でグリザイユを焼き付けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA